『フォートナイト』で自分だけの島をつくるクリエイティブモード正式発表。バトルパス購入者はシーズン7開幕直後からアクセス可能に

Epic Gamesは12月5日、『フォートナイト』の新ゲームモード「フォートナイト クリエイティブ」を正式発表した。自分だけの島をつくりあげて、新しい遊び方を考えたり、レースを繰り広げたり、ムービーを撮影したりと、プレイヤーの創作性を思う存分に発揮してもらうことが狙いだ。作成した島は全て保存可能。フレンドと一緒に遊んだり、共同作業で島を編集したりすることができる。

スポンサーリンク

バトルパス所有者であれば、本日12月6日に開幕するシーズン7開始初週から先行アクセス可能。フレンドを自分の島に招待することもできる。全プレイヤー向けには1週間後の12月13日より無料開放される。また、『フォートナイト』のほかのゲームモードと同様、今後のアップデートにより機能改善・拡充が進められていく予定だ。既に何人かの動画配信者より、クリエイティブモードを紹介する動画が公開されているので、気になる方はEpic Gamesの記事に記載されている動画リストを確認してみよう。

メニュー画面からプリセットの建築物や障害物コースを選んだり、素材をスポーンさせて一から何かをつくりあげたりと、気軽に遊びたいプレイヤーと自分の力で作り込みたいプレイヤーの両方が楽しめるサンドボックス系のゲームモードになるのではないだろうか。そのほか車両やトラップを好きな場所に設置できたり、宝箱やルートラマを置いて中身まで設定できたりと、自由度は高め。フリーロームやデスマッチといったゲームモード設定、フリー・フォー・オールやCo-opといったチーム関係の設定、スポーン地点設定、重力・体力値・ダメージ量・落下ダメージのオン/オフなどの調整など、自分だけのミニゲームをつくるためのオプションも用意されている。今後は一般プレイヤーやコンテンツクリエイターによるユニークな遊び方が話題を呼んでいくことだろう。

『フォートナイト』では12月6日夕方にシーズン6が終了し、続くシーズン7が開幕予定。ここ数日間は『フォートナイト』の公式Twitterアカウントより、スノーボードやジップラインといったウィンターテーマになることを予期させるティザー画像が公開されている。

また『フォートナイト』に関しては、12月7日に開催されるGame Awards 2018にて何かしらのアナウンスを行うと告知されている。シーズン7の開幕に関するアナウンスではないともコメントされており、Game Awards 2018の司会を務めるGeoff Keighley氏からは、「ゲームを見守っておいてね」と伝えられていることから、リアルタイムでのゲーム内イベントが起きる可能性もあるだろう。話題が尽きない『フォートナイト』の次なる一手に期待が高まる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog