人気デッキ構築戦略RPG『Slay the Spire』にて、最終ステージが追加。最後の扉が開かれ、正式リリースに近づく

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

インディースタジオMega Crit Gamesは11月16日、Steamにて早期アクセス販売中の『Slay the Spire』にてWeekly Patch 50を実施し、最終レベル(Final Act)を正式に追加したと発表した。『Slay the Spire』のステージにおいては、これまでレベル3までが実装されていた。ベータビルドにて最終レベルの調整が進められていたが、ついに最後の扉が開かれることになる。

最終レベルにたどり着く条件と、最終レベルの概要は以下のとおり。念の為黒塗り気味に表記しておくので、ネタバレを気にしない方のみチェックしてほしい。

・スタンダードもしくはアセンションで、各クラス「アイアンクラッド」「サイレント」「ディフェクト」でレベル3をクリア。
※クリアするたびに、鍵が埋まる演出が確認できる。
・そして改めてレベル3をクリアすることで、最終レベルへ到達可能。
・最終レベルは短く、1エリートと1ボス(実質的なラスボス)、4つの実績が用意。
・クラスごとの新エンディングが実装されている。

本作においては、これまではレベル3をクリアしても、意味深な描写がされ、オープニングに戻るというやや消化不良の展開になっていたが、ついに物語の続きが描かれることになる。難易度の高いゲームなだけに、最終面となると相当に手強くなることが想像できるだろう。開放条件自体はさほど難しくはない(だろう)と考えられるので、ぜひ自信のあるプレイヤーの方は挑戦してみてほしい。

『Slay the Spire』はデッキ構築型のRPG。プレイヤーは、3のクラスからひとつを選び、自動生成されたダンジョンへと潜り込み、下層を目指し進んでいく。パーマデス型のRPGとなっており、比較的プレイヤーはあっさりと死んでしまう。何度も何度もダンジョンに潜ることになる。プレイヤーは、敵を倒したり、イベントに遭遇することで、新たなカードやレリックを入手する。基本のカードデッキは決まっているが、道中でどのようなカードを入手するかで戦い方は大きく変わっていく。防御を捨てて筋力および火力でごり押すか。手数を増やして相手の攻撃を封じるか。得られるカードを見ながら効果的なデッキを組み先へ進んでいく。クラスごとに戦い方および登場するカードは大きく異なるので、3クラスごとに違う楽しみ方ができることも特徴だ。

『Slay the Spire』は、配信されるや否や、理解しやすいシステムと快適なインターフェイス、そして中毒性のある面白さが高評価を呼び込み、ヒットタイトルの仲間入りを果たした。すでに100万人以上のプレイヤーが本作を遊んだと報告されていることも報告されている。今回の更新では開発者は「お休みをとるので、次のパッチは12月6日になります」とコミュニティに報告し笑いを誘うなど、更新やコミュニケーションもマメで、ユーザーからの信頼も集めている。

最終レベルが追加されたということは、正式リリース日が近づいていることも意味しているだろう。国内向け発売も予定しているNintendo Switch版は、2019年初頭に発売予定。2017年末に現れ、数多くのプレイヤーの時間を奪っていったインディーゲームが、早期アクセス販売から卒業する日が近付いている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog