『ダークソウル』ライクな2DアクションRPG『Death’s Gambit』配信開始。死に満ちた冒険が君を待つ

Adult Swim Gamesは本日8月14日、『Death’s Gambit』を発売した。対応プラットフォームはPC/Mac(Steam)、海外PlayStation 4。価格は1980円。インディースタジオWhite Rabbitが開発を手がけている。

『Death’s Gambit』の物語の舞台は、中世をベースにしたファンタジー世界。主人公は、とある事情により死神Deathと契約をかわした戦士Sorunだ。死神のために、Siradonと呼ばれる場所に眠っている、Deathの探しものを見つけるために旅へ出る。Siradanでは、未練を残し浄化されなかった魂たちが、土地を守っている。今もなお圧倒的な力を誇る守護魂たちに立ち向かい、手がかりを持ち帰るのだ。

スポンサーリンク

『Death’s Gambit』でプレイヤーは、広大なSiradonの世界を探索していく。まずSoldierやAssassin、WizardやSentinel、NobleもしくはBlood Knight、Acolyte of Deathといった職、そしてアイテムを選び旅に出る。メインウェポンとサブウェポンを使い分け、仕掛けを解きつつ敵と交戦し、探索を進めていく。敵を倒せば欠片が散らばり、それらを集めて祈りを捧げることでステータスを上げることが可能だ。

戦闘はというと、敵はかなりアグレッシブに攻撃してくるほか、スタミナの概念が存在しており、ボタン連打は通用しない。また攻撃するたびに無防備になる瞬間が生まれるので、敵にダメージを与えること以上に、避けることもしくは防御することが重要になる。囲まれている間にもたもたしていれば一瞬であの世行き。またフィールドにはいやらしいトラップも存在しており、敵だけでなく仕掛けにも配慮しなければならない。『ダークソウル』シリーズを横スクロールにしたものとイメージしてもらうのが、手っ取り早いかもしれない。

すでに『ダークソウル』ライクな2Dアクションゲームはいくつも出ているが、『Death’s Gambit』はゲームスピードが速いのも特徴だ。戦闘では休憩する間もなく波状攻撃がプレイヤーを襲う。高いテクニックが要求されるが、その分操作も直感的でキャラクターをプレイヤーの思ったように動かせる。スピード感のある高難易度アクションRPGに仕上げられているだろう。職種ごとにスキルツリー(Talent)が用意されており育成要素も充実しているほか、武器を集め切り替えて戦うことも可能。本作のボスはかなり手強いものの、もし死んだとしてもその頑張りに応じて経験値が入るといった救済措置も存在している。

そして、2D作品でありながら壮大な戦いを描くことに挑んでいるのも本作の特徴だろう。序盤は、主人公より一回り大きい程度のボスが出現するが、物語を進めればプレイヤーを見下ろすようなサイズの巨人や、空を翔ける巨鳥と戦うことになる。わざわざ登って攻撃する必要があるほど、超巨大なボスも存在するようだ。緊張感のある冒険だけでなく、ピクセルアートで描かれる壮大な戦いにも注目したい。

『Death’s Gambit』は、PC/Mac(Steam)、そして海外PlayStation 4向けに配信中だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog