アクションRPG『Young Souls』発表。手書き風グラフィックで描かれる軽妙なベルトスクロールアクション

フランスのインディーレーベルThe Arcade Crewは、『Young Souls』を発表した。対応プラットフォームや発売日、価格などは不明。The Arcade Crewは、フランスのゲーム企業Dotemuのインディーパブリッシングレーベルであるので、幅広いプラットフォームでリリースされることが予想される。

スポンサーリンク

『Young Souls』は、ベルトスクロール型のアクションRPGだ。主人公であるJennとTristanは、生まれてからすぐ両親に捨てられた過去を持つ。のちに心優しき科学者に拾われ、小さな港町Portsbourghに引っ越し平和な日々を過ごしていた。しかし異なる世界につながる謎のポータルが見つかったことにより、彼らの生活は転機を迎える。“地球を脅威に陥れる”というポータルをめぐる少年少女の冒険が始まる。

『Young Souls』では、JennとTristanがダンジョンに潜り敵と戦っていく。敵の攻撃をかわしつつスタミナに気を配り、一撃を加えていくベルトスクロール型としてオーソドックスな戦闘システムが採用されているようだ。戦闘シーンでは、手書きのアートワークとなめらかなアクションが光る。手に入れた装備品を強化していくといった育成も用意。装備品が、キャラクターの外見に反映されるシステムなのも嬉しいところだ。シングルプレイにおいてはJennとTristanを切り替えながら戦い、協力プレイでは友人との連携が楽しめるとのこと。

スポンサーリンク

開発を手がける1P2Pは、フランスのゲーム企業で長年経験を積んだ2名のクリエイターによるスタジオだ。ゲームジャムLudum Dare #23で「TurboDindon」を作り上げ、のちに『Inside my Radio』としてリリースし高い評価を獲得した。操作の気持ちよさを重視するスタジオの新作『Young Souls』は、ベルトスクロール型アクションゲーム。またストーリーテリングにも力が入れられているとのことなので、シナリオとアクションの両方の面での完成度に期待したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog