ニンテンドースイッチのHD振動が「腫瘍の早期発見」に繋がる。きっかけは『マリオカート8 デラックス』のコイン

【UPDATE 2018/2/16 22:30】
本人にまつわる情報を加筆しました。

【原文 2018/2/16 17:12】
ニンテンドースイッチのJoy-ConおよびProコントローラーに搭載されている「HD振動」。任天堂は「振動から触感へ」と謳い、ゲーム内での感覚をプレイヤーの手に臨場感を持って伝えることをニンテンドースイッチの特徴の一つとしてアピールしている。実際に触れた方は、これまでのゲームコントローラーとは異なる振動をすることに気付いただろう。そのHD振動の独特な振動が思わぬ効果を発揮したとして、コミュニティサイトRedditにて話題となっている。

RedditユーザーのChris Chalms氏は、ニンテンドースイッチがローンチされてからというもの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をプレイして楽しんでいたそうだ。そして数か月後になって『マリオカート8 デラックス』を購入してプレイし始めるが、そこで身体に異変を感じたという。具体的には、コントローラーが振動するたびに手のひらの人差し指の付け根辺りに痛みが走り、特にレース中にコインをゲットした時の振動が強い痛みに繋がったそうだ。Chalms氏は特に大事に捉えることはしなかったものの、痛みを嫌って自然とニンテンドースイッチをプレイしなくなっていった。

それから数か月、Chalms氏は手の痛みのことをすっかり忘れていた。当時痛みを感じていた部分には、小さなアザのようなものができていたが、特に気に留めることもなかったそうだ。そしてある日、友人がニンテンドースイッチを購入したことで、久しぶりに『マリオカート8 デラックス』をプレイする機会があった。すると、あの痛みにふたたび襲われたのだ。しかも以前よりも痛みが増していた。さすがに無視できないと感じて医者に診てもらったところ、何らかの腫瘍が手にあることが分かったという。その後、患部が少し腫れてきて何をするにも痛みを感じるほどに悪化したため、Chalms氏は来週にも手術をして腫瘍を取り除くことにしたそうだ。その後の氏の楽しげな生活はInstagramなどで確認できる。

興味深いのは、もともとPCゲーマーであったChalms氏は、ニンテンドースイッチをプレイしていない間もゲームをプレイしていたが、その際には痛みを感じることはまったくなかったということだ。彼はPCではXbox Oneコントローラーを使用しているとのこと。Kotakuには腫れた手の写真も掲載されている。

ニンテンドースイッチのHD振動は、リニア共振アクチュエータというボイスコイルを振動させる方式で、SteamコントローラーやOculus Touch、HTC Viveコントローラー、あるいはスマートフォンなどでも同様のものが採用されている。Xbox Oneコントローラーなどが採用している錘を回転させて振動を得る従来の1軸タイプとは異なり、2軸の共振点を利用してより幅広い周波数領域、つまり多彩かつ複雑な振動・触感を生み出すことができる。同じゲームの同じ場面でも、ほかのコンソール版とニンテンドースイッチ版では手に伝わる振動感触がまったく異なることに気付いた方も多いだろう。

Joy-Conの内部およびHD振動デバイス Image Credit: iFixit

そうしたHD振動ならではの振動が、偶然にも腫瘍の発見に繋がったものと思われる。ただ、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をプレイしている際には気付かず、『マリオカート8 デラックス』のコインの振動がもっとも痛みが強かった点からは、HD振動のさらに細かい特定の振動パターンにのみ効果があったものとうかがえる。リニア共振アクチュエータを用いたハプティクス(皮膚感覚フィードバック)技術は、手術の訓練など医療の現場でも活用されており、将来的には遠隔手術への応用も期待されているとのこと。ともすれば、疾患の早期発見に活用されていく可能性もあるのかもしれない。

なおChris Chalms氏は、今回発見された腫瘍について癌である可能性は5パーセント以下であり、あまり深刻なものではないと明かしている。とはいえ、思わぬ早期発見にニンテンドースイッチには感謝していることだろう。Chalms氏はRedditにて、手術後のリハビリにちょうど良い、片手でプレイできるニンテンドースイッチ向けゲームはないかアイデアを募集している。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog