プレイヤー数の低迷続く『Battleborn』、無料トライアル版の提供を検討中。Free-to-Play化の噂は否定

Gearbox SoftwareのボスRandy Pitchford氏は、『Battleborn』がFree-to-Play化されるのではないかという噂をTwitter上にて否定した。F2P化は計画していないとした一方で、ある種の無料トライアル版は現在検討中であるという。『Battleborn』のF2P化については、海外メディアKotakuが匿名の関係者からの話として計画が進行中だと報じていたばかりで、その真相に注目が集まっていた。

『Battleborn』は、『Borderlands』シリーズの開発として知られるGearbox Softwareが開発、今年5月にPC/PS4/Xbox One向けに発売されたマルチプレイヤーオンラインFPSだ。“ヒーローシューター”と銘打たれた本作では、プレイヤーはさまざまな能力を持つヒーローから1人を選び、チームを組んで敵AIや敵チームと戦う。マッチ中にスキルツリーから独自のビルドを構築する成長要素や、経験値を獲得するためのミニオンの存在など、MOBAのエレメントを色濃く盛り込んでいるのが魅力の1つである。

スポンサーリンク

クラス(ヒーロー、チャンピオン)型やチーム対戦がメインであるという点で見ると、ここ最近では『Overwatch』や『Paladins』の人気が記憶に新しい。一方で『Battleborn』はローンチ後からプレイヤー数の獲得に苦戦しており、それを打破するためか発売直後には40パーセントオフのセール、最近ではHumble Bundleにて15ドルのセールを実施している。発売当初はフルプライスの60ドルで販売されていたものの、ローンチから半年も経たない内に各所で安売りされているような状況だ。

また『Battleborn』のパブリッシャーである2K Gamesは、今年7月に同じくプレイヤー数の低迷にあえいでいた『Evolve』をF2P化し、プレイヤーベースの再構築に成功したばかり。こういった背景もあり、今回Kotakuが報道したF2P化計画にはある程度の真実味があった。

ほかの2Kタイトルと同様に丁寧な日本語ローカライズが施されている『Battleborn』。一方でPC版(Steam)では、すでに日本サーバーでプレイヤー数が激減しているとの報告も見受けられる

GearboxのRandy Pitchfor氏は、今回の荒唐無稽なF2P化の話は嘘であり、そのような計画は存在しないと断言。一方でゲームの無料トライアル版に関する未発表のプランがあるとした。この無料トライアル版がどのようなものかは明らかにされていないが、時限制のデモのような内容とはならない模様。どういったトライアル版となるかは、数か月以内にも伝えられるようだ。

開発側から嘘偽りと断言されたKotakuの報道。情報提供社である匿名の関係者によれば、開発のGearboxはもともと『Battleborn』をF2Pタイトルとして展開したかったものの、パブリッシャーの2K Gamesが60ドルのパッケージタイトルとして販売することを求めたという。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog