東京ゲームショウ2022、3年ぶりにリアル会場イベントとして実施へ。ビジネスデイ2日目14時以降は一般入場も可能

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(以下、CESA)は2月28日、東京ゲームショウ2022(以下、TGS)の開催概要を発表した。今年度のTGSについては3年ぶりにリアル会場で実施されるようだ。

例年通りCESAと日経BP、電通との共催になる。会期は2022年9月15日(木)から18日(日)までの4日間。会場は千葉・幕張メッセ。15日(木)・16日(金)をビジネスデイ、17日(土)・18日(日)を一般公開日として開催。ただし、ビジネスデイ2日目の16日(金)は、午後14時から一般来場者も入場できるようになるそうだ。

TGSは、ここ最近になり実施について変化が求められていた。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、一昨年は完全オンラインに。昨年はオンラインおよび、報道関係者やインフルエンサー向けにリアル会場を用意するハイブリッド開催となっていた。そして3年ぶりにリアル会場にて開催されることになる。

一方で、オンライン番組についても継続するとのこと。ほとんどの公式番組について英語同時通訳版を今年も配信するほか、最新ゲームを楽しむことができる体験版無料トライアルや、オンライン体験ツアー、VR会場なども計画しているとのこと。リアル会場イベントをベースとしつつ、オンライン番組も展開するハイブリッド型になりそうだ。

なお新型コロナウイルス感染対策としては、TGS2022では来場者数の上限を設けてチケットを販売するとのこと。また、若年層のワクチン接種状況が不透明のため、安全面を考慮して、小学生以下の入場を不可にするとも告知されている。

東京ゲームショウ2022は、9月15日から開催予定。詳細は公式ホームページを参照してほしい。





※ The English version of this article is available here

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る