『あつまれ どうぶつの森』では、リセットさんは登場濃厚。リストラ宣告も再就職に成功へ

「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」より

任天堂は2月20日、「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」を放送。その中で、『あつまれ どうぶつの森』にリセットさんが登場することを示唆した。リストラ宣告から一転、再就職を果たし登場するようだ。

リセットさんといえば、『どうぶつの森』シリーズにおいて、リセットした場合に登場するおなじみのキャラクター。リセット監視センターに務めているおっさんだ。リセットしても序盤は事故であると見なし軽い注意を促すが、リセットを繰り返しそれが意図的であると確信し始めると、リセットし起動するたびに、人情をまじらせながら長々と説教し始める。ただ、シリーズを追うごとにセーブおよびリセットまわりの仕様が整理されており、それにともないリセットさんの出番が減少していた。

スポンサーリンク

そして、その時は突然きてしまった。『あつまれ どうぶつの森』のプロジェクトリーダーを務める京極あや氏は、E3 2019にて海外メディアMashableのインタビューに答え、リセットさんが職を失ったことを明かした。その理由としては、オートセーブが実装されたからだという。リセットの必要性がなくなりリセットさんは辛い時間を過ごすと、氏は説明。職を失ったのだという。しかし京極氏によるとリセットさんは、解雇されたのちに仕事を探し始めたとも語っていた(関連記事)。

本日放送された「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」では、リセットさんらしきキャラの存在が示唆されている。本作ではプレイヤーにはスマホが支給され、さまざまなゲーム内アプリが使用可能。その中には、「緊急脱出サービス」が存在する。「緊急脱出サービス」は、プレイヤーが迷子になるなど場所に関してのトラブルを被った際に、遠隔操作で安全な場所へ移動させることができる。その遠隔操作をするオペレーターなのだが、やたら抑揚のある話し方。腑抜けたBGM。クセの強い関西弁。まさしくリセットさんのものである。「レンジャー」という、いかにも緊急脱出サービス勤務という言葉を放っていたが、これが再就職後の合言葉なのだろうか。ともかく、リセットさんは最新作で続投することになりそうだ。

※ オペレーター登場部分は、45分30秒から

些細なことであるが、リセットさんのリストラともとれる発言は、国内外で注目されていた。リセットさんは『あつまれ どうぶつの森』には登場しないという話も出回りつつあったが、それらは誤りであるというのが濃厚。とはいえ、リセットさんが出ることが確定したわけではない。そっくりさんの可能性もあるし、新たな兄弟が出てくるかもしれない。一方で、その示唆にほっと胸をなでおろしたファンもいるのではないだろうか。今後の続報を楽しみにしておこう。

「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」より

『あつまれ どうぶつの森』は、3月20日発売予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog