『あつまれ どうぶつの森』では、リセットさんは職を失う

『あつまれ どうぶつの森』のプロジェクトリーダーを務める京極あや氏は、E3 2019にて海外メディアMashableのインタビューに答え、シリーズおなじみのキャラクターであるリセットさんが職を失ったことを明かした。その理由としては、オートセーブが実装されたからだという。国内メディアとしてはEngadgetもこの件を取り上げ、話題を呼んでいる。

リセットさんといえば、『どうぶつの森』シリーズにおいて、リセットした場合に登場するおなじみのキャラクター。リセット監視センターに務めている。最初は事故であると見なし軽い注意を促すが、リセットを繰り返しそれが意図的であると確信し始めると、リセットし起動するたびに、人情をまじらせながら長々と説教し始める。シリーズの顔ともいえる人気(?)キャラクターで、兄にはラケットさんなる存在も。京極氏によれば、Nintendo Switch版はオートセーブに対応するため、リセットさんは職を失ったのだという。

【UPDATE】2019/6/14 20:15
ラケットさんの記述について修正。

氏はゲームプレイ中にやめてもゲームがセーブされていることはポジティブなことであるとしながらも、一方でリセットの必要性がなくなりリセットさんは辛い時間を過ごすのだという。つまり、職を失ったのだ。しかし京極氏によるとリセットさんは、解雇されたのちに仕事を探し始めたのだという。その行く末については楽しみにしていてくださいとも語っている。解雇されてしまったものの、別の形でゲームに登場する可能性は高そうだ。

リセットさんはシリーズでおなじみのキャラクターであるが、『とびだせ どうぶつの森』でははじめにリセットした時だけ顔を出すのみ。そしてその後公共事業にてリセット監視センターを建てることが可能に(費用は36万8000ベル)。リセット監視センターを建てることで、初めて本格的な説教が堪能できるようになる。同じくオートセーブの『どうぶつの森 ポケットキャンプ』でもメンテナンス時のメッセージと共にアイコンが表示されるのみで姿を見かけることがなかったが、ついにその職を失っていたようだ。

シリーズ恒例のキャラクターといえば、前出の京極氏により、しずえの登場も示唆されている(IGN)。一方でしずえの双子の弟であるケントや、仕立屋のあさみおよびきぬよ。リサイクル屋のリサとカイゾー、ぺりこやぺりみなどたぬきち一家以外はまだ公式映像などで姿を表していない。『あつまれ どうぶつの森』は無人島が舞台になるなど、従来のシリーズから大きく刷新がはかられており、役割が変わるキャラクターも多そうだ。リセットさんだけでなく、人気キャラクターがどのように現れるか、新作はさまざまな点で注目が集まりそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog