ローグライクゲーム『魔女の迷宮』Steam版が配信開始。ドットで描かれる正統派ダンジョンRPG

国内のゲームデベロッパーのオレンジキューブは、2月13日(木)より『魔女の迷宮』のSteam版とDMM版を配信開始した。通常価格は税込1480円。これまでにスマートフォン(iOS/Google Play)版・Nintendo Switch版がリリースされている本作だったが、Steam版とDMM版がリリースされたことでPCでもプレイ可能となった。PC版はNintendo Switch版と同一の内容で、ドット絵のオープニングが追加されているほか、新たなボスやステージの実装など、バランス面での調整が入っている。

スポンサーリンク

『魔女の迷宮』はランダム生成のダンジョンを進んでいくローグライクRPG。プレイヤーは装備やアイテムを集めながら、モンスターや罠に溢れたダンジョンの最深部を目指していく。『風来のシレン』シリーズや『トルネコの大冒険』シリーズを踏襲した、スタンダードなローグライクRPGといえるだろう。

『魔女の迷宮』は従来のローグライクRPGの要素はそのままに、ローグライクRPG初心者でも基本的な戦略や立ち回りを学べるステージ「パズルダンジョン」が用意されている。「シンプルなダンジョンRPG」を掲げているとおり非常にわかりやすい作りとなっており、ローグライク初心者でも気軽に楽しめる点が売りだ。

スポンサーリンク

また、特定のダンジョンに出現するモンスターは、討伐することで手懐けることが可能。手懐けたモンスターは「モンスター牧場」にコレクションすることができる。ドット絵の動きが非常に可愛らしく、集めたモンスターたちが牧場を闊歩しているのを眺めているだけで楽しめるかもしれない 。

そして『魔女の迷宮』には、もっとゲームをやり込みたいプレイヤーのためのステージも用意されている。「タイムアタックダンジョン」は回復薬などの持ち込みが禁止されており、その条件下での最速クリアを目指すステージだ。また、通常のステージでもアイテムの持ち込み・使用を縛ってのクリア実績の記録が可能で、「初心者向け」を謳いながらもやり込みの幅は広い。

『魔女の迷宮』は「遊びやすさ」を全面に押し出しており、ローグライク初心者がメインターゲットと見られる。しかし、奇をてらわずに従来のローグライクRPGの良さが詰め込まれた本作は、初心者のみならず、熟練のプレイヤーにもちょうどいい難易度 。余計なものを削ぎ落としたシンプルなローグライクRPGが遊びたい方は、プレイしてみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog