世界中のFlashゲームを保存・公開する「Flashpoint」プロジェクトが注目を集める。オフラインでのプレイ環境を提供

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ウェブサイト上での、ゲームを含むインタラクティブコンテンツやアニメーションを実現する規格として長く親しまれてきた「Flash」。提供元のAdobeは、その再生に必要なプラグイン「Adobe Flash Player」の更新および提供を2020年末で終了する。ウェブブラウザの安定性やセキュリティへの懸念があることが主な理由だ。すでに主要ウェブブラウザでは、サポートやプリインストールを取りやめたり、インストールしてもデフォルトでは無効にする措置を取っており、代替技術であるHTML5などのサポートに移行している。

Flashはゲームプラットフォームでもあり、これまでに数多くの作品が制作されてきたが、Adobe Flash Playerのサポート終了は、そうしたゲームが事実上プレイできなくなることを意味する。そうしたなか、Flashを用いたウェブゲームの保存をおこなうプロジェクト「Flashpoint」が注目を集めており、海外メディアKotakuなどが報じている。

Flashpointを運営しているのは、ゲームプレイ動画の配信などをおこなっているゲームメディアBlueMaxima。2018年から保存活動を始めており、これまでに3万8000本以上のゲームと、2400本以上のアニメーションを収集し公開しているという。Flashで制作されたものがほとんどではあるが、HTML5やShockwave、Unity Web Player、Silverlightなどのコンテンツも含まれている。そして公式サイトでは、それらのコンテンツを再生できる専用のFlashpointランチャーを配布中だ。

多くのウェブゲームは、掲載されたサイト上で再生されているかをチェックしており、Flashpointランチャーはこれを回避する独自の仕組みを導入することで、オフラインでの動作を可能にしているとのこと。これにより、仮にそのサイトが閉鎖されたとしても、ゲームはプレイ可能な状態で保存されることになる。

Flashpoint Infinityランチャー

Flashpointランチャーは、すべてのコンテンツを含む「Ultimate」版と、一部のゲームだけを収録し、残りは個別にダウンロードする「Infinity」版の2種類が無料で配布されている。本稿執筆時点(Ver. 7.1)で、Ultimate版は241GBものダウンロード容量があり、展開するためにはさらに288GBのストレージ空き容量が必要。一方のInfinity版は296MBのダウンロードで済むが、各ゲームのサムネイルやスクリーンショットは無し。必要な場合は、別途ダウンロードする必要がある(14GB)。

ランチャーを起動すると、収集されたFlashゲームなどが一覧表示されており、ゲームジャンルや開発者、またお気に入り登録したゲームなどのプレイリストも存在する。そして、タイトルをダブルクリックするとウインドウが開きプレイ可能。ソースコードの改変はおこなっておらず、オリジナルのままとのこと。

『逆転裁判6』のWeb体験版は、現在も公式サイトでプレイ可能

Flashpointでは、膨大なコンテンツが収集・公開されているわけであるが、販売中の作品を除外するなど一定の基準を設けているとされているものの、事前に権利者から許可を得て二次配布をおこなっているわけではないようだ。二次配布の可否を確認しているのかどうかも怪しい。

というのも、収録タイトルを見てみると、家庭用ゲームの公式サイトで公開されているミニゲームのようなものも多数存在し、たとえばカプコンの『逆転裁判6』のWeb体験版などもプレイ可能。ほかにも任天堂やソニー、マイクロソフト、セガ、バンダイナムコ、Activisionなど、大手企業のコンテンツが確認できる。いくら非営利の保存活動とはいえ、公式サイトのコンテンツを部分的に抜き出して正式に提供しているとは考えにくい。

そのほか、日本の個人のウェブゲーム作家や同人サークルの作品も多く見られる。そうした開発者の中には、Flashpointを通じた保存活動に賛同する方もいるかもしれないが、そうでない場合は運営元に連絡すべきだろう。メールかDiscordを通じて連絡すれば、削除に応じるとのことである。逆に、Flashpointに収録してほしい作品をリクエストすることも可能とのことだ。

先日シリーズ新作が発表されたThe Behemothの『Alien Hominid』も、元々はFlashゲームだった

冒頭で述べたとおり、Flashゲームをプレイできる環境はなくなりつつある。多くのファンに親しまれ、中にはFlashで作ったゲームを元にして、のちに商業的にヒットした作品も存在するが、Adobeのサポート終了もあり古いコンテンツはいつか削除されるかもしれない。ゲーム文化においてFlashは重要な位置付けにあったことは間違いなく、Flashpointは意義深い存在だと言えるだろう。一方で、上述したようにコンテンツの収集方法には強引さも見られ、この辺りはトラブルのないよう運営されることを望みたい。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog