『ポケットモンスター ソード・シールド』Toby Fox氏作曲のBGMが正式公開。“友達”のゲームフリークと作り上げた熱曲

株式会社ポケモンは海外向けに、『ポケットモンスター ソード・シールド』の新曲をYouTubeにて公開した。その新曲とは、『UNDERTALE』の開発者Toby Fox氏が手がけたBGMである。最新作では、Toby Fox氏から楽曲の提供を受けていることが明かされており、一部向けにその曲が公開されていたが、今回はよりパブリックに曲が聞けるようになった。

スポンサーリンク

曲名は不明で、どのような場面で使用されるかも明かされていない。しかしながら、多彩なシンセサイザーなどで鳴らされる力強くも熱いサウンドは、紛れもなく『UNDERTALE』や『DELTARUNE』で耳にしたToby Fox氏の音楽である。1分12秒のプレビュー公開であり、曲の最中で途切れている。冒頭から熱いメロディが流れるが、曲調の変化を聞く限り、短いメロディをループするタイプではなく、それなりに長い曲構成になっていると予想できるだろう。ゲーム本編でないと聞けないパートもありそうだ。聴くユーザーのボルテージをぐっと上げる熱い曲になっているだけに、戦闘など盛り上がる場面で採用されているのかもしれない。

『DELTARUNE』

曲の公開にあわせて、Toby Fox氏より曲の生誕秘話が明かされた。「こんにちは、Toby Foxです。僕の名前を聞いたことがある?そうだろう、だって今名乗ったからね」と、『ポケットモンスター』公式サイトでも“らしさ”全開のToby氏は、コラボのきっかけを語っている。まずきっかけとしては、本作の開発元であるゲームフリーク社内に、『UNDERTALE』のファンが数多くいたことが大きかったようだ。具体的な親交としては、ある日、『ポケットモンスター』シリーズの音楽を手がける一之瀬剛氏がTwitterにてToby Fox氏をフォローしたことをきっかけに、Toby氏が一ノ瀬氏にメッセージを送り、そこからつながりができたのだとか。

その後、Toby氏は、一ノ瀬氏だけでなく多くのゲームフリークのスタッフと友人になったとのこと。ある日ゲームフリークのスタッフとすきやきを食べに行った後、カフェに行ったそうだ。そこで緑茶を注文し、突飛に「いつか『ポケモン』の曲を作らせてくれないか」と尋ねたのだという。ゲームフリークのスタッフはすぐに快諾。そしてカフェで、どういったコンセプトの曲を作れるか伝えられ、そのままインスピレーションで心が燃やしまくりながら家路についたそうだ。そうしてできたのが、今回の『ポケットモンスター ソード・シールド』での新曲なのである。

『ポケモン』に無関係だということで、名前はあがらなかったが、ゲームフリーク手掛ける『リトルタウンヒーロー』でのToby氏の楽曲提供も、そうした縁からコラボが生まれたのだろう。

新曲については、「爆発的なパワーで満たされた激しい曲」とToby氏は紹介している。『ポケモン』の作曲を依頼された時、氏自身が感じたエネルギーや情熱を表現したかったのだとか。曲の激しさには、Toby氏の喜びや同シリーズへの愛情が込められているのだろう。一方で、この新曲が唯一Toby氏が提供した曲であるとし、クリア後まで聴くことはできないとも念押し。「僕の曲を聞くために急いでゲームクリアしないで、ゲームフリークの一之瀬さんや足立さんが懸命に頑張って作った曲を堪能して。そんなこと(急いでクリア)は誰もしないだろうけど」と付け加え、笑いを誘いながら他の作曲陣を尊重する謙虚な姿勢を見せている。

最後に改めて、ゲームフリークのために曲を作ることができたのは大変光栄で、そうしたことをさせてもらえたのはとても嬉しいと喜びを表現。「曲が気に入ったらゲームフリークに言ってほしい、そうしてもらえればまたすきやきをおごってくれるかもしれない。」そんなおちゃめなジョークを言いながら、『ポケットモンスター ソード・シールド』を楽しみにしてほしいとコメントし、言葉を締めている。

そんなToby Fox氏の熱い曲を聴くことができる『ポケットモンスター ソード・シールド』は、Nintendo Switch向けに11月15日に発売予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog