Epic Gamesストア、次回の無料配布タイトルは『Hyper Light Drifter』と『Mutant Year Zero』

Epic Gamesストアにて、PC版『GNOG』の無料配布が開始された。配布期間は8月15日までとなっている。

『GNOG』は触オモチャと秘密の世界を舞台にした3Dパズルゲームだ。VRにも対応している。さわったり、つかんだり、つっついたり、まわしたり、ひっぱったりと、モンスターの頭に隠された世界を探検するという。ポップなデザインと楽しいインタラクション、雰囲気に合った素晴らしい楽曲といった要素を特色としている。モンスターの頭は、それぞれが探検されることを待っている小さな別世界。ブックケースをつかんで回転させて隠されていたコインの山を見つけ、レバーを動かして傷ついた宇宙船を操り、ホイールを回してコンロの上でシチューを作るという。

スポンサーリンク

そして次週8月16日より始まる無料配布枠は『Hyper Light Drifter』と『Mutant Year Zero』となる。『Hyper Light Drifter』は、2016年3月にPC向けに発売されたアクションゲームだ。プレイヤーは忘れ去られた知識や技術を収集する「ドリフター」となり、自身を蝕む不治の病を治癒するため、忘れ去られた時の島を探検することになる。『ゼルダの伝説』や『ダークソウル』といった作品から影響を受けて開発されてだけにあり、細かくデザインされた広大なエリアの冒険と、殺気に満ちた敵の攻撃およびトラップがプレイヤーを待ち受ける。

『Mutant Year Zero: Road to Eden』は2018年12月にSteam版(日本語対応有)および海外PS4/Xbox One向けの配信が開始された戦略アドベンチャーゲーム。Funcomが使用権を保有しているテーブルトークRPG「Mutant」シリーズの世界観をベースに、『XCOM』シリーズから影響を受けたターン制バトルと、リアルタイムでのステルスアクションを組み合わせた新感覚のストラテジーゲームとなっている。

『Hyper Light Drifter』『Mutant Year Zero: Road to Eden』はどちらも高い評価を得た作品ということで、配信を楽しみにしておこう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog