【UPDATE】『ファイアーエムブレム 風花雪月』には、同性愛要素が存在する。一部キャラを対象に

シリーズ最新作『ファイアーエムブレム 風花雪月』では、『ファイアーエムブレム if』と同様に同性愛を楽しむことができることを海外メディアが報じている。これはUSgamerが、ニンテンドー・オブ・アメリカに『ファイアーエムブレム 風花雪月』の同性愛要素の有無について問い合わせたことで判明している。

ニンテンドー・オブ・アメリカによると、本作では特定のキャラクターと同性愛を楽しむことが可能であるという。ただし、どのキャラクターとできるかについての詳細は、プレイヤーにネタバレしないために語られなかったとのこと。そもそも『ファイアーエムブレム 風花雪月』においては、まだ公式には恋愛要素が存在することははっきりとは公表されていない。今回の取材によって、同性愛要素が存在することと同時に、恋愛要素が存在することもまた、公に認められた形になるだろう。同作は二部構成で進行し、一部ではプレイヤーは「教師」として生徒たちと過ごす。恋愛要素は、一部の5年後であり、プレイヤーが教師ではなくなった二部の「戦争編」より導入されるのではないかと推測されている。

冒頭に述べたように、シリーズにおいては前作にあたる2015年発売の『ファイアーエムブレム if』にて同性婚が導入されていた。異性愛においては、支援レベルをSクラスにすることで結婚することができ、子供が生まれる。生まれる子供も個性豊かで、主人公が好きなユニットと結婚できるだけでなく、ユニット同士を結婚させることもひとつの魅力であった。そんな同作では、主人公と特定キャラの同性婚が可能。地域社会における多様性を反映するために導入したと任天堂は説明。『トモダチコレクション』の同性婚の不可仕様が話題になったということもあり、大きな注目を集めた。

ただ一方で、こうした試みが実験的な導入であったことは否めず、同性愛要素自体がかなり限定的であったことや、ラズワルドの娘として生まれる「かわいいもの好き」の女性ユニットソレイユが、“男性が女性に見えようになる粉のはいった薬を飲むこと”で男主人公と結婚できるようになるという演出が問題となり、欧米版ではローカライズのプロセスでこの演出が削除されていた。前作における同性愛は、批判も含めて盛んに議論された要素のひとつでもあった。

今作においてはまだ恋愛要素自体に謎が多いものの、同性愛については前作の議論を踏まえた演出が用意されるのではないだろうか。ファンは前作を踏まえて今作の同性愛要素について注目するはず。プレッシャーもある状況だ。性の多様性がより幅広く認められるようになった2019年リリースされる『ファイアーエムブレム 風花雪月』。今作でも同性愛要素が導入される以上は、より多くのファンが納得できる描写の導入が望まれるだろう。

今作のキャラクターデザインは、『うたの☆プリンスさまっ♪』などのデザインも担当した倉花千夏氏が手がける

発売迫る『ファイアーエムブレム 風花雪月』は、Nintendo Switch向けに7月26日に発売予定。同性愛だけでなく、恋愛要素の詳細情報の公開も待たれるところ。今週に入ってからはYouTubeの任天堂公式チャンネルにて多くのCM映像も公開されているので、そちらをチェックしてみるのもよさそうだ。

【UPDATE 2019/7/17 14:45】
AUTOMATON編集部が任天堂に『ファイアーエムブレム 風花雪月』の同性愛要素について尋ねたところ、以下の返信を受け取っている。

『ファイアーエムブレム 風花雪月』において、主人公がゲーム内の特定のキャ
ラクターと同性愛関係になることは可能です。ただし、ユーザーの皆様の楽しみ
を台無しにしないように、この件については詳しくご説明できません。
キャラクター育成に関しては、多数のオプションが用意されていますので、
ぜひご期待ください。

ニンテンドー・オブ・アメリカの英語での回答とほぼ同じ内容であるが、これにより、「主人公」と「特定のキャラクター」が同性愛関係になれることが改めて確定した形。またキャラクター育成のオプションについても言及がなされている。もちろん、恋愛(同性愛)関係が本作のすべてというわけではない。『ファイアーエムブレム』総合Twitterアカウントでは、料理や釣りといった生活における要素が公開されている。7月26日の発売を楽しみにしておこう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog