『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』新スポット吉祥寺の詳細や戦闘の追加システムなど、多岐にわたる新要素がどどんと公開

アトラスは7月11日、公式ミニ番組「モルガナ通信 #3」を通じて『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』における多岐にわたる新要素を公開した。今回紹介されたのは、新スポット吉祥寺や戦闘に追加されたフレッシュな要素群。映像を見るのが一番であるが、その内容をお伝えしたい。

戦闘新要素
・SHOWTIME
・ペルソナの特性
・スキル装備
・バトンタッチランク

スポンサーリンク

まず戦闘における新要素を紹介しよう。怪盗団のメンバーが協力し華麗な一撃を繰り出すSHOWTIMEは、連日公開されてきたキャラクタームービーで示唆されていた要素である。怪盗団のメンバーたちの絆が深まることで解放されるスペシャル技だ。特別な演出により、ド派手な技が繰り出される。

ペルソナの新要素としては、それぞれのペルソナが特殊効果を発揮する特性が導入される。映像では、真のヨハンナが「荒ぶる気性」の特性を持っているようで、威力が上昇しているシーンも。特性にはさまざまな種類が存在するほか、ペルソナの合体において引き継ぐことができるようだ。また装備すると特定スキルが使用可能となる特殊アクセサリーも登場。たとえば零度のリングを装備するとプフーラが使用できるようになる。

そのほか、バトンタッチにランクが追加。ランクを上げることでバトンタッチ時にも攻撃力・回復力上昇や、SP回復の恩恵が生まれるとのこと。全員にバトンタッチをつなげば、最後のメンバーのスキルコスト(HP/SP)がゼロになる。バトンタッチがさらに重要な戦術のひとつになりそうだ。全体的に、戦闘に奥行きが追加された印象を持つだろう。

吉祥寺
・ひとり/仲間とダーツやビリヤード
・ジャズクラブ
・お寺
・古着屋

新スポットである吉祥寺についても紹介されている。大きく分けて4つの通りがあり、商店街には揚げ物屋や文房具店、古着屋やお寺などがあるという。ダーツとビリヤードを楽しめるような場所も。ここではひとりで遊ぶだけでなく、怪盗団の仲間を呼んで遊ぶこともできる。それぞれの遊びには恩恵があり、ダーツをこなしていくことにより前述したバトンタッチランクが上がるというわけだ。ビリヤードをすれば絆を深めつつ自分磨きもできるようだ。夜の吉祥寺ではジャズクラブに行くこともできるという。絆を深めてペルソナの能力が強化されることも。映像では、真と普段とは異なる“オトナ”な会話をしていることが確認できる。お寺では、瞑想が可能。瞑想をすることによってSPの最大値がアップするようだ。

また、すすけた防具を換金できる古着屋が登場。換金するうちにポイントがたまり、ポイントがたまればアイテムと交換可能。そのほか、繁華街のアパレル店や肉まん屋、酒場にゲームセンターらしき場所がちらりと映っている。公式サイトにはバッティングセンターなどまだ未公開の場所などが映っているので、今後さらに紹介されていきそうだ。

なお、『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』では、本編のストーリーは改変されておらず、その上で『ペルソナ5』にて語られなかったエピソードが展開されるという。結末が変わるというわけではなさそうだ。ただし、新しく登場する3学期にて、“その後”がフォローされる可能性はあるだろう。そのほか新ペルソナについても追加されている、ビジュアルがチラ見せされている。詳しくは、モルガナの解説付きの映像をご覧あれ。『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』はPS4向けに10月31日に発売予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog