影を操る忍者風ステルスACT『Aragami: Shadow Edition』Nintendo Switch版が2月21日に国内発売へ。オンライン協力プレイにも対応

パブリッシャーのMerge Gamesは1月31日、スペインのインディースタジオLince Worksが手がけたステルス・アクションゲーム『Aragami: Shadow Edition』のNintendo Switch版を、2月21日に発売すると発表した。なお、弊誌がMerge Gamesに確認したところ、本作は日本でも同日に発売予定で、2月7日からニンテンドーeショップにて予約受付を開始するとのことだ。ゲーム内は日本語表示に対応する。

本作は、『天誅』や『METAL GEAR SOLID』『Dishonored』『Mark of the Ninja』といった作品から影響を受け制作されたステルス・アクションゲームで、日本風の世界を舞台にする。主人公は、不死の暗殺者アラガミ。もともと一介の兵士だった彼は、何らかの理由により殺され復讐心に燃える魂として彷徨っていたところ、ヤミコという名の謎の少女によってこの世に召喚される。囚われの身であるヤミコは、アラガミの前に幻影として現れ助けを求め、彼女が己の過去を知る鍵となることを知ったアラガミはキュウリュウと呼ばれる砦に向かう。

本作はステージクリア制となっており、多くの敵が巡回しているなかでミッションをこなす。アラガミは、敵と面と向かって斬り合うような戦いは得意としないため、ステルスプレイが基本となる。月の光を避け、影の中に潜みながら敵の目をかいくぐるのだ。またアラガミは影を操る力を持っており、たとえば任意の場所に影を作り出したり、影から影へと瞬間移動が可能。これを組み合わせれば、建物の屋根の上に一瞬にして移動して敵を頭上からキルする、といった立体的なゲームプレイを楽しめる。攻略ルートはプレイヤーのアイデア次第となっており、邪魔な敵をステルスキルにて排除していっても良いし、誰にも気付かれることなく目的を果たすような隠密プレイにも挑戦できる。

『Aragami: Shadow Edition』は、『Aragami』としてPC/PS4向けに2016年に発売された作品の移植版で、その後配信された追加コンテンツをすべて収録する完全版だ。そのコンテンツのひとつには、昨年6月に発売された本編の前日譚であるDLC「Aragami: Nightfall」も含まれる。こちらでは、プレイヤーは影の暗殺者ヒョウとシノブとなり、新たな影の力を駆使して、謎の錬金術師から仲間を助け出す。

また、本作はオンラインでの2人協力プレイにも対応する。クロスプラットフォームプレイをサポートし、Nintendo Switch版のプレイヤー同士はもちろん、PCおよび海外Xbox One版のプレイヤーと一緒にミッションに挑むこともできるという。お互いの影を操る能力で連携し合うことで、1人プレイとはまた違った攻略が生まれることだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog