高速のハクスラRPG『Helheim』発表、2019年2月に発売へ。危険だらけの死者の国を往け

イタリアのゲームスタジオ34BigThingsは11月22日、『Helheim』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)で、2019年2月2日の配信を予定している。『Helheim』は、Not a Numberが手がけるアクションRPGだ。

『Helheim』はその名のとおり、北欧神話に登場する世界のひとつヘルヘイムを舞台とした作品。ロキの娘であるヘラが治めるヘルヘイムは、強力なテクノロジーよって腐敗した謎の軍団らによって侵略されてしまった。ヘラは倒され投獄されてしまい、統治は破棄された。しかし、予期せぬ援軍の到着により、ヘラはふたたび女王の地位を取り戻すべく奮闘することになる。

ヘルヘイムに住んでいるのは、かつて住んでいた住民たち。ヘラに仕えていた住民たちはプレイヤーを殺すことのみを目的とした死の軍団と化した。退廃し尽くし、“テクノロジー”に染められ古代の様式が崩れつつある、腐敗した死の国を探索するのだ。

本作では、プレイヤーはヘルヘイムを舞台に大勢の敵を倒していく。敵がドロップする優れた装備を得て、装備を見直し、さらに敵を倒すという流れを繰り返すという、ハック・アンド・スラッシュ系アクションRPGとなる。ただし、本作は難易度の高さが特徴であるようだ。ゲームスピードが非常に速いことに加え、行動の選択を誤るとたちまち死に至るという。

生き抜くためには、無数の銃弾を回避もしくはそらし、相手の懐に入っていきその刃で敵を滅する。プレイヤーの行く手を阻む多種多様の敵を、正確なテクニックと迅速な判断によって倒す必要があるようだ。ヘルヘイムには、ヘラの失われし力を秘めたルーンのアーティファクトが数多く散らばっている。それを見つけて装備し、発動させることによって、強力なコンボを繰り出していこう。

映像を見ても、確かに本作のゲームスピードの速さが見て取れる。瞬間移動のようなスキルを連発し、敵に近付き斬撃をお見舞いしている。一方で、剣から発した衝撃波によって敵の銃弾を跳ね返すといったシーンも。アクション性の高い、高難易度なハック・アンド・スラッシュRPGとして開発されているようだ。

34BigThingsといえば、「光速」のレーシングゲーム『Redout』をヒットさせその名を轟かせたスタジオ。同作の続編であるスペースコンバットゲーム『Redout: Space Assault』が開発中であるが、今回はパブリッシャーとしてNot a Numberが手がける作品をプロデュースするようだ。本作はこれまでの作品とは作風が大きく異なるが「ゲームスピードが速い」という点では共通するものがあるかもしれない。

『Helheim』は、PC(Steam)向けに2019年2月2日発売予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog