「NEOGEO mini(ネオジオ ミニ)」正式発表。液晶ディスプレイ搭載のアーケード筐体風本体に、人気作40タイトルを内蔵

株式会社SNKは5月10日、SNKブランドの40周年を記念して「NEOGEO mini(ネオジオ ミニ)」を発表した。同社は先月、NEOGEOの人気タイトルを収録した新しいゲーム機が登場すると予告していたが、ついに全貌が明らかになった。

NEOGEO miniは、任天堂のミニファミコンのように、多数のゲームを収録した小型のゲーム機だ。1990年に誕生したSNKのゲームプラットフォーム「NEOGEO」向けに発売された多彩なラインアップの中から、名作・傑作タイトルを40作品内蔵する。本機がユニークなのは、本体に3.5インチの液晶ディスプレイを搭載し、TVやPCモニタに接続しなくてもゲームを楽しめる点だろう。本体デザインが家庭用向けのNEOGEO(AES)ではなく、1990年代に登場したNEOGEOのアーケード筐体(MVS)をモチーフにしていることから、こうした仕様も自然な見た目に仕上がっている。日本向けには青・白・赤色の配色の懐かしいデザインを採用し、海外向けには黒・白・青色を基調とした、よりシンプルなデザインとなっている。

海外版NEOGEO mini

筐体の手前にはジョイスティックとボタンが配置されており、ゲームセンターさながらの雰囲気でゲームをプレイできる。また外部コントローラー端子を2つ搭載しているため、対戦プレイも可能のようだ。どのようなコントローラーが使用できるのかは現時点では不明である。このほか、TVに映像・音声を出力するHDMI端子と、ヘッドホン端子が装備されている。外形寸法はW135mm×D108mm×H162mmで、重さは600g。液晶ディスプレイとコントローラーを備えるものの、Newニンテンドー3DS LLのおよそ2倍の重さがあり、手に持ってプレイするスタイルは想定していないのかもしれない。また電源ケーブル(ACアダブターは含まない)が付属するとのことで、充電して携帯機のように使用するタイプでもないようだ。

現時点では、どのようなゲームが収録されるのかは明かされていない。ただし、先月の予告の際にはSNK作品の例として「『KOF』『餓狼伝説』『サムスピ』『メタスラ』など」と、同社を代表する各シリーズ名を挙げており、これらの作品はファンも期待するところだろう。また、日本版と海外版の2種類が発売されるということで、収録ラインナップにも違いがあるのか気になるところだ。SNKは、NEOGEO miniの収録タイトルや発売時期などの詳細については、今後発表するとしている。

Image Credit: Spawn Wave

ちなみに、YouTubeメディアSpawn Waveは先日、信頼できる情報源から得たものだとしてNEOGEO miniの本体デザインをいち早く報じており、結果それは正確な情報だった。その中では、今回は披露されなかった外部コントローラーのデザインも投稿。かつて販売されたNEOGEO CDに付属したコントローラーのデザインを踏襲しているようだ。こちらの真偽もいずれ明らかになるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog