ニンテンドースイッチ版『L.A.ノワール』の価格はPS4/Xbox One版より10ドル高い?有力視される理由とは

昨日他機種版とあわせてその存在が明かされたニンテンドースイッチ版『L.A.ノワール』の価格は同日に発売されるPlayStation 4版およびXbox One版のものよりも10ドル高く設定されるかもしれない。GoNintendoなどがその詳細を報じている。この価格はRockstar Gamesの直販サイトRockstar Warehouseの商品ページから判明している。日本からアクセスするとリダイレクトされるため直接は確認できないが、キャッシュなどから北米向けの商品ページにたどり着ける。実際に見てみると、確かにPlayStation 4版およびXbox One版は39.99ドルで予約を受け付けていることに対し、ニンテンドースイッチ版は49.99ドルで予約を受け付けている。公式発表ではないが、直販サイトの価格であることを考えるとこの価格の信憑性は高い。

なぜニンテンドースイッチ版だけ10ドル高いのか、この理由をめぐって前出のGoNintendoのコメント欄ではユーザーによる推測が投げかけられている。もっとも多く投稿されている「推測」は、カートリッジ問題だ。実はマルチプラットフォームタイトルにおいてニンテンドースイッチ版の価格がやや高く設定されたことはこれが初めてではない。以前、オープンワールドアドベンチャー『RiME』でも同様のケースが発生していた。

カートリッジコスト説

『RiME』でもニンテンドースイッチ版が他機種より10ドル高い価格に設定されていた(関連記事)。この価格に不満を抱いたユーザーは抗議し、パブリッシャーであるGrey Boxは、その経緯を説明。最終的にダウンロード版の価格は他機種版と同価格になり、パッケージ版にはサウンドトラックのダウンロードコードが新たに同梱されることになった。Grey Boxは価格が上がった理由について、移植における開発費など複合的な問題が原因と語っていたものの、カートリッジ問題についても言及していた。

さらに2Dアクション『Axiom Verge』においても、他機種版よりも10ドル高いニンテンドースイッチ版の価格設定が議論された。開発元であるTom Happ氏は「価格が高いのは『RiME』と同じ理由であり、同じようにサウンドトラックで埋め合わせをしている」と説明。「PlayStation Vita版もニンテンドースイッチと同様にカートリッジであるのに、同ハードの方が高いのはなぜか」と問われた際には、パブリッシャーに問い合わせたのち「Vita版の方が、コストが安かったからだと言われた。私見だが、そのうち(ニンテンドースイッチ版のカートリッジの)コストは安くなると思う。」と答えている

こうした事例があるからこそ、ユーザーたちは「カートリッジ問題」を有力視しているわけだ。ただ同2タイトルと若干異なるのは、『L.A.ノワール』は厳密にはバージョンを分けていることだ。PlayStation 4/Xbox One版はグラフィックの向上を全面に出しており、ニンテンドースイッチ版はモーションコントロールや新たな視点といった新機能を特色としている。HTC Vive版はオリジナル版のシナリオを再構築しているという。それぞれのバージョンに特徴を持たせ、単純なマルチプラットフォーム展開としては宣伝していないわけだ。パブリッシャー側が「異なる特色を持ち、異なる体験を提供するので価格が違う」と主張することも可能ではあるだろう。

ただ、GoNintendoのコメント欄の熱量を見る限りでは、そうした説明で納得できるユーザーは少なそうだ。「業界標準のディスクではなく独自規格を採用したらこう(高価に)なる」と悲観する意見や「サードパーティーメーカーは失敗せずにいられないんだ。僕らを非難するまでにどれだけファンのやる気をなくさせるかどうか見てみよう。」とRockstar Gamesに限らず任天堂ハードにおけるサードパーティーの動きを手厳しく批判する声が「グッド」を集め上位にあがっている。

こうした自体に遭遇した際に、『RiME』『Axiom Verge』のパブリッシャーおよびデベロッパーは、前述したような真摯な対応を見せることでユーザーに受け入れられた部分もある。ただ、Rockstar Gamesはメガパブリッシャーであるので、Grey Boxのような値下げの対応をとるとは思えない。一方で、ニンテンドースイッチ版をリリースするうえで、こうした事例を全く知らないとは考えられない。Rockstar Gamesは『L.A.ノワール』のさらなる続報を発表していくと告知している。こうしたニンテンドースイッチ版の価格についてどのように説明するのだろうか、世界有数のメガパブリッシャーの対応に注目したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog