未知の惑星に街を作るシミュレーション『Aven Colony』発売日が7月26日に決定。新トレイラーも公開

インディーデベロッパーMothership Entertainmentは、『Aven Colony』を7月26日に発売すると発表した。対応プラットフォームは予告どおりPC/PlayStation 4/Xbox Oneで、価格は29.9ドル。Steamでも予約が始まっており、こちらの定価は2980円。Steamで予約すれば10%オフの2682円で購入でき、Sand Boxモードで使用できる「Cerulean Vale」が手に入る。また発売日の決定に合わせて新たなトレイラーが公開されている。

『Aven Colony』はUnreal Engine 4で開発されているシミュレーションゲームだ。プレイヤーは地球から何光年も離れた未知の惑星「Aven Prime」に移住する。美しさと危険の両方を秘める「Aven Prime」を人類の永住の地にすべく、居住環境を整えていく。(紹介記事

本作は、食料や電力供給を断つ「夜」をうまく切り抜けなければいけないという点が大きな特徴であった。今回新たに公開されたトレイラーでは、エイリアンが街を襲うといったシーンが映し出されており、夜の過ごし方だけでなく、外部の脅威からの防衛についても注意しなければいけないようだ。

Mothership Entertainmentは『Aven Colony』について、itch.ioで有料のベータ版を販売するという早期アクセスに近い形でフィードバックを募ってきた。開発も順調に進められており、7月26日には満を持してフルリリースされるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog