人間の性器は、多産や豊穣を祀る生殖器崇拝の対象として、古来より民間信仰の中で崇められてきた。特に男性器であるペニスを子孫繁栄やエネルギーのシンボルとして、多様な形式で表現してきた文化は世界中で確認されている。勃起した陰茎もしくは類似の形状をしたオブジェは、解剖学や美術において「ファルス」と総称される。その歴史は長く、古代エジプトやギリシア神話では豊穣の神がたびたびファルス的な形状で描かれている。また、精神分析学では男性の生殖力を表すシンボルとして、象徴的ファルスを持つことの意味が概念的に捉えられている。

20161121_genitaljoustingreview_01
『Genital Jousting』(PC)
開発元: Free Lives
販売元: Devolver Digital
発売日: 2016年11月18日(早期アクセス)
価格: 498円

『Genital Jousting』は、そんな神の恵みを大衆向けの解釈で再構築したパーティーゲームだ。タイトルが示すとおり、その内容は「性器を用いた馬上槍試合」(ジョストとは、中世ヨーロッパで盛んに行われた騎士同士の一騎討ち競技のこと)。伝統行事と異なるのは、一騎討ちではなく最大8名が参加できる乱交パーティーであることに加えて、ランスの代わりに伸び縮みするペニスを使用すること、そしてプレイヤーが突くのがプレートアーマーではなく対戦相手の肛門という点である。言い換えれば、肉体と性別の概念を超越した外性器による集団肛門性交。デジタル時代における新たなファルス信仰の形といえる。

 

汁がいっぱい出て気持ちいい

ゲームのルールはいたってシンプル。誰かの肛門に挿入できれば1点、誰かが自分の肛門に挿入したらさらに1点。1ラウンドで計2ポイントまで獲得できる。1ラウンドの長さはおよそ10秒と極めて短く、一瞬で決着する試合の流れが特徴だ。ラウンドを重ねるごとにポイントに応じて自分の陰茎が伸びていき、一番最初に亀頭がゴールラインに到達したプレイヤーが優勝となる。また、試合結果の発表時には、最大ペニス長やベストカップル、最もパートナーを取っ替え引っ替えしたプレイヤーと浮気回数、最も自分の穴で“自己完結”したプレイヤー、一番掘られたプレイヤーと一番掘られなかったプレイヤーなど、それぞれの行動に基づいたデータが表示される。

マルチプレイモードのロビー画面
マルチプレイモードのロビー画面

ゲームモードには、P2Pネットワーク形式の「オンラインマルチピーン」に加えて、「トラディショナルモード」と「パーティーモード」といった2種類のローカル環境専用モードが用意されている。全て最大8人まで参加可能だ。「オンラインマルチピーン」ではクイックマッチで既存の試合に飛び入り参加するもよし、自分がホストとなり参加メンバーが現れるのを待つもよし。いずれにせよ、手軽なゲーム性や1試合の短さもあってか、待ち時間のストレスは一切感じない。発売直後である記事執筆現在、自分のパートナー候補が次々と飛び込んできてくれる。また、ゲームの途中でホストプレイヤーが退場しても、他の誰かに切り替わるので問題なくパーティーは続行される。

「トラディショナルモード」は、オンライン対戦と同じゲームルールで行うローカル対戦。「パーティーモード」(後述する精液メーターの達成率でアンロックされる)では、爆弾飛び交うリングで戦う陰茎デスマッチや、2つのチームに分かれて競い合う陰茎サッカー、流氷目がけて氷上を滑り降りる陰茎ボブスレーなど、どれも斜め上をいく発想のアブノーマルな環境で挿入合戦が楽しめる。どのゲームモードを遊んでも終了時にプレイヤー経験値が加算される。ゲームの達成度は白濁液で満たされていくビーカーで確認でき、一定量が溜まるたびにペニスを着飾る新たなコスチュームや、「パーティーモード」のバリエーションがアンロックされていく仕組みだ。

特筆すべきは、ネットワークを通して世界中の陰茎と合体できるマルチプレイヤーゲームであるにも関わらず、チャット機能は皆無でプレイヤー名も「Gail」や「Ellen」といった匿名表記に置き換わるため、誰でも気兼ねなく乱交パーティーに参加できる点だ。なお、ゲーム側で用意されている固有名詞には男性的な名前と女性的な名前の両方があり、ペニスの色と共にランダムで割り振られる。しかも『Genital Jousting』で使用するキーは「W」「A」「S」「D」、「I」「J」「K」「L」、「↑」「←」「↓」「→」、テンキーの「8」「4」「5」「6」、ゲームパッドの左アナログスティック、もしくは右アナログスティックのいずれかのみ。片手でもプレイできる点が魅力だ。ちなみにローカル対戦で上記キーを全て入力した1人6役のソロプレイも可能である。

得点するたびにペニスが伸びていく
得点するたびにペニスが伸びていく

本作のプレイフィールを一言で表すとすれば、恍惚とさせるような快感に尽きる。無色の粘液に包まれながらヌルヌルと地を這う肉棒の群れ。先端からは気持ちいいほどに汁がたくさん飛び出ている。軽快な操作感の正体は挿入の瞬間に露となる。陰茎の先端が相手の肛門にある程度近づくと、現実の性行為では考えられない勢いで吸い込まれるように突き刺さるのだ。しかも濡れた質量が重なる効果音も相まって、えも言われぬ解放感を演出している。ちなみに自機を挿入した後の操作は、肛門がある尻側をわずかに動かせるのみとなる。ここからが本番。自分が入れたら終わりという破壊的欲求を刺激する利己的な行動のみに終わらないのが、『Genital Jousting』の真髄である。

トップでゴールするには、他プレイヤーの陰茎を受け入れる体制を整えつつ、自らも果敢に“カマを掘り”にいくマルチタスクが要求されるからだ。そこにはもはや卑猥さなど欠片もない。刹那の合体にキー入力の全てをかけた“ガチ”の格闘技なのだ。また、本来ならメスの生殖器に挿入して体内に精子を直接送り込むための陰茎を、あえて消化管の出口へ直結させている点に注目して欲しい。全てのプレイヤーが得点を最大限にするために行動を最適化した場合、ペニス同士が数珠つなぎとなりウロボロスが形成される。このゲームにおいて形式美として以外に何ら意味をなさない一組の睾丸を除けば、これこそが性器の大乱闘に垣間見える神話なのである。

 

死と再生を象徴する神々の遊び

ウロボロスとは、自らの尾を噛んで円環状をなすヘビもしくは竜をイメージした古代の象徴を指す。「尾を飲み込むヘビ」を意味する古代ギリシアの言葉が語源であり、世界創造が全にして一であることを示す象徴図として、主にヘレニズム文化圏で用いられた。元来、ヘビは長期間の飢餓状態にも耐えられる強い生命力を有しており、脱皮を繰り返して成長を続ける特性とあわせて、古来より死と再生や不老不死の象徴とされてきた。そのヘビが永遠に自らを取り込むことで、始まりと終わりを超越した存在になるという解釈が備わったと言われている。そもそも円環とは元より統合と分割、進化と退化、成長と退行、生と死の過程など、永遠という時間の象徴であり、ウロボロスは原初的混沌のシンボルといえる。

15世紀に復元された錬金術書のウロボロス
15世紀に復元された錬金術書のウロボロス

このほか、永続性や完全性といった概念を表す言葉として、世界中の文明や宗教で広く用いられてきた。たとえば、ヘレニズム文化が栄えた紀元前エジプトからイスラム世界へ伝わり発展を遂げた錬金術では、陰と陽という相反する物質の統一を象徴し、不純だった宇宙の万物が変容を繰り返すことで純粋な「賢者の石」に回帰するまでの円環を示した。また、その循環性は、ピタゴラスやヘラクレイトスが説いた永遠回帰という思想に通ずるものがある。ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェは、ここに道徳的な意味を付与し、人生は宇宙の円環運動と同様に永遠に繰り返すと説いた。さらに分析心理学では、カール・グスタフ・ユングがウロボロスをプシケ(古代ギリシアで命や魂を意味した概念、現代心理学では心を表す)の元型(夢の中で見るイメージの源を指す概念、集合的無意識に存在する力動作用のこと)を象徴するものと定義した。

元来、ドラゴンとは無意識と混沌を示す円環的時間の象徴であり、ウロボロスは言わば死と再生の神である。突然だがここでペニスの話に戻る。冒頭で述べたように、勃起した陰茎の象徴ファルスは、数多の古代文明において愛や豊穣のシンボルとして、神々の描写に用いられてきた。たとえば、古代エジプトの豊穣の神ミンは常に勃起している。ちなみに、レタスの断面からにじみ出る乳白色の液体が精液を連想させたことから、精力増進をもたらす供物として扱われたという。また、ギリシア神話に登場する生殖と豊穣を司る守護神プリアーポスは、股間から第3の腕が生えていると言っても過言ではないくらいに巨根の持ち主である。さらに日本の一部神社では五穀豊穣や子宝を祈願して、現代でも陰茎が御神体として祀られている。つまりペニスは文明の発展において神そのものと言える。

そんな豊穣の神によって紡がれし陰茎のウロボロス。それは始まりも終わりも超越した永遠の繁栄を意味しているのではないだろうか。『Genital Jousting』は対戦ゲームでありながら、全てのプレイヤーが高得点を目指すことで自ずと調和へと向かうように設計されている。8つの陰茎による数珠つなぎが成し遂げられ、ウロボロスの完全体が姿を現した時、全員が2ポイントを得て等しく幸せになれるのだ。ちなみにギリシア神話に登場するオリュンポス十二神の一柱、戦を司る軍神アレースは人妻であった生殖と豊穣の女神アプロディーテーと関係を結び、調和の女神ハルモニアーの父となったと言われている。陰茎と肛門による大乱闘から自然と相互の調和が生まれ、完全性の化身であるウロボロスが誕生する本作はまさに神話の体現。もはや神々の遊びと言える。

プリアーポスのフレスコ画
プリアーポスのフレスコ画

それでは何故プレイヤーの挿入口が女性器である膣ではなく肛門になったのか。いくら子宝の神による祝福を受けたとて、生命の源が注ぎ込まれるのが肛門では何も繁栄しないと考えるユーザーもいるかもしれない。しかし、円環の理であるウロボロスを発現するには肛門でなくてはならないのだ。陰茎が生命の始まりを意味しているのに対し、肛門が万物の終わりを意味するからこそ数珠つなぎが成り立つからだ。平たく言えば、自らの尾を飲むヘビを体現するには後ろにある肛門の方が都合がいいからだ。本作に登場する謎の陰茎生物が所謂“ふたなり”であったなら、ウロボロスは完全性に欠けていたに違いない。さらに身も蓋もない言い方をすれば、陰茎が露骨に膣を追いかけ回すゲームなどSteamで販売できないからだ。

同時にあえて肛門性交を題材にすることで、性行為が性的欲求に触発された行為の総称であり、必ずしも生殖には結びつかないというリビドーへの回帰を狙っているとも考えられる。事実、肛門を使った性交渉の歴史は長く、同性愛者だけでなく異性間で行われるケースも少なくない。宗教によっては婚姻関係を結ぶまで処女性を維持しなければいけないほか、コンドームやピルの使用といった人工的な避妊が禁じられていることもある。男女間の肛門性交は時に宗教的戒律の抜け穴として利用されてきた。肛門は女性器と同様に粘膜組織が体外へ露出した器官の一つであり、神経終末が密集してとても敏感なことから性感帯になりやすい。特に女性の場合は、膣後壁のすぐ隣や子宮の裏側を刺激されることでも快感が得られるため、体験したことがある人も多いのではないだろうか。

 

総評

古代ローマでは性を謳歌することは至極一般的な娯楽であり、そこには禁忌の意識など全くなかったという。集団で性行為に興じることを意味する言葉「Orgy」とは、元々酒を司る神バッカスの祭り「オルギア」に由来している。同時にセックスは人殺しと共通の心理効果を内包しているという点で、破壊的欲求に塗れた暴力行為と見ることもできる。元アメリカ陸軍中佐で心理学・軍事社会学教授のデーヴ・グロスマン氏は、著書「戦争における人殺しの心理学」の中で、次のように記している。「征服と敗北のプロセスとしてのセックスは、強姦の欲望とその被害者のトラウマに密接に関わっている。性器を犠牲者の体内に深く突き通すことと、武器を犠牲者の体内に深く突き通すことが、歪んだ形で結びつくことがあるのだ」。

ガチンコ対戦なのに妙な親密感が生まれる
ガチンコ対戦なのに妙な親密感が生まれる

たとえば、主にアダルトビデオにおいて男性が女性の顔面に射精するセックスシーンは多々見られる。勃起したペニスを持つ手を銃のグリップを握る手に例えたなら、顔に射精するという行為は心理的に征服の象徴となり得るのだ。『Genital Jousting』では、顔や膣ではなく代わりに肛門が使われている。背後から無防備な局部を貫く破壊的行為が、顔面への射精と同様に征服と敗北を象徴していると言える。つまり、本作は集団で興じる快楽から調和を生み出すと同時に、内面に潜む破壊的欲求を満たすという二面性を兼ね備えているのだ。そして手軽なゲーム性と短い試合時間が織りなす刹那の堕落が、その両方を無意識の内に満たしてくれる。筆者が飽きもせず何度でもプレイしたいという衝動に駆られた背景には、こうした心理的な要因が働いていることが考えられる。

ペニスは男の魅力をはかる物差しという言葉があるように、陰茎は子孫繁栄や五穀豊穣の象徴であると同時に、男性的なエゴや権威のシンボルとしての一面も併せ持つ。『Genital Jousting』は、歴史の中で風土や心理に根付いてきたファルス信仰をユーモラスに再構築した上で、陰茎が支配する独特の世界観を芸術的なタッチで描くことに成功している。まだ早期アクセスの段階だが、ウロボロスの形成により戦と愛から生まれた調和の象徴としてはすでに完全体である。これ以上のコンテンツの発展は人類の想像を絶する。ちなみに、本作のやりこみ要素の一つであるペニスファッションは、被写体の陰茎にミニチュアの衣装を着せて撮影する男根のアートとして現実にも存在している。本作を卑猥と捉えるか、芸術的と捉えるか、はたまた神聖と捉えるかはユーザー次第だ。いずれにせよ、病み付きにさせる電子ドラッグ的な魅力があることは間違いない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog