ワニ冒険オープンワールド『Lil Gator Game』12月15日発売へ。段ボールの敵をやっつけながら体力を気にせず島中を遊び尽くそう

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

パブリッシャーのPlaytonic Friendsは11月21日、アクションアドベンチャーゲーム『Lil Gator Game』を12月15日(日本時間)に発売すると発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)/Nintendo Switch。

『Lil Gator Game』はワニのキャラクターを操作して動物たちの暮らす島を冒険するオープンワールドアドベンチャーゲーム。カエルやシカ、ハリネズミなどのかわいらしいキャラクターたちが登場する。Steamストアページでは「移動ベースの冒険」と書かれており、実際、移動手段は多岐にわたるようだ。トレイラー映像だけでも、木の枝に乗ってジャンプ、布を頭上で広げて滑空、ボートで川下り、ロープの上を綱渡り、盾を使った草スキー、滑り台、ポールよじ登り、と盛りだくさんの移動スタイル・乗り物を楽しめることがうかがえる。制作者のTwitterの投稿によれば、うまく操作することで草スキーの盾をそりのようにして、そのまま水面を滑ることもできる。もちろん主人公はワニなので、操作に失敗したところでおぼれることもなく、普通に泳ぎ続けている。

生きたモンスターは登場せず、やっつけるべき敵は段ボール製。書き割りのように描かれたモンスターが島のあちこちに設置されている。それらを破壊して破片を集めると新たなアイテムをクラフトできるようだ。クエストも存在するという。島の各所には動物がいるが、それぞれ何らかの助けを必要としている。彼ら彼女らのお願い事を聞くとできることが増えるとのこと。


体力バーや空腹度などの概念もないので、童心に帰ってひたすら島中を遊び尽くすことが出来そうだ。登場する動物たちもかわいくデフォルメされており、気軽に遊べそうなゲームであることは確か。できることとしては、クラフトや写真撮影などの要素があるとのこと。水切り石をクラフトしないと倒せない対岸の敵を含め、島中の段ボールを壊そうとすると、それなりのプレイが必要になるだろう。またクラフトしたもので遊び場の装飾も可能。


本作のパブリッシャーPlaytonic Friendsは、『ユーカレイリー』シリーズを手がけたPlaytonic Gamesのパブリッシング部門。ゴルフボールを打ちながら秘境を巡るアドベンチャーゲーム『A Little Golf Journey』などをプロデュースしており、プレイしながらくつろげる雰囲気を持つ作品が多い。そんな同社が送る本作にも期待したいところだ。

『Lil Gator Game』は12月15日(日本時間)に、PC(Steam)/Nintendo Switch向けに配信予定。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る