絵がかっこいいデッキ構築バトルゲーム『Beneath Oresa』Steamにて体験版配信開始。立ち回りが勝利のカギを握る

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

デベロッパーのBroken Spearは4月19日、デッキ構築バトルゲーム『Beneath Oresa』の体験版を、PC(Steam)向けに配信した。本作は、2022年内に早期アクセス配信予定。

『Beneath Oresa』は、ローグライク要素のあるデッキ構築バトルゲームだ。『Slay the Spire』『Monster Train』といった人気作や、メビウスことジャン・ジロー作品のアートスタイルから影響を受けて開発中。プレイヤーは、Oresaと呼ばれる都市の地下に存在するアリーナにてバトルを繰り広げ、Oresaの深部を目指す。

プレイアブルキャラクターとしては複数の勢力が存在し、任意の勢力から主人公となるヒーローと、同行するコンパニオンキャラクターを選択してプレイする。キャラクターの組み合わせによって、ゲームを進めるなかでアンロックできるPerkが決定する仕組みだ。そして、勢力とヒーローの固有カードの組み合わせが、初期デッキとなる。今回配信された体験版では、Agica de Feradyと呼ばれる勢力のキャラクターにてプレイ可能。ゲージをチャージして発動できるカウンター攻撃が、この勢力の特性となるようだ。


本作のバトルは近接戦闘が中心となり、デッキからカードを選択し、ターン制にて戦う。APの範囲内で、1ターン中に敵を追撃していくことも可能だ。バトルにおいては、敵との間合いやポジショニングが重要な要素として挙げられる。たとえばカードによってフィールド内を移動したり、敵をノックバックさせたりして、敵の攻撃をかわしたり連携を防いだり。あるいは、複数の敵が一列に並ぶような位置からまとめて攻撃したり。そうした戦略も考慮しながら、カードを切っていくことになるだろう。

バトルに勝利すると、新たなカードを獲得可能。そして次なるステージへと進むことになる。バトルステージ以外には、アップグレードなどをおこなえるステージも存在。たとえば保有カードを強化したり、体力を回復したりなど、複数の選択肢から選ぶこととなる。また、バトルステージに突入する際にも選択が迫られる。カードを1枚獲得したり、勝利報酬がアップする代わりに敵の体力が引き上げられたりなどの選択肢から選んでから、戦いに挑むのだ。


『Beneath Oresa』の体験版は、PC(Steam)向けに配信中だ。そして本作は、2022年内に早期アクセス配信予定。その後、ほかのプラットフォームにも展開していく計画とのことである。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る