ハクスラARPG『バビロンズフォール』にて、『ニーアオートマタ』とのコラボイベントが開催決定。2Bや9Sなどの衣装ずらり

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スクウェア・エニックスは2月23日、来月発売予定のオンライン専用アクションRPG『バビロンズフォール』において、『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』とのコラボレーションイベントを開催することが決定したと発表した。

『バビロンズフォール』は、スクウェア・エニックスとプラチナゲームズが共同開発する、オンライン専用の最大4人協力プレイ対応アクションRPGだ。ハック&スラッシュ要素をベースとしたゲームプレイを採用し、プレイヤーは機棺(ギデオンコフィン)と呼ばれる特殊な装具を背負わされた戦士・哨士(センチネル)となり、莫大な遺産が眠るとされる巨塔バビロンの攻略を目指す。


今回発表された『ニーアオートマタ』とのコラボレーションイベントは、後述する本作のシーズン1にて期間限定で開催予定。同作に登場する2Bや9S、A2、司令官、オペレーターをイメージした衣装が用意され、プレイヤーのキャラクターはそれらに身を包んでプレイすることができるという。さらに、拠点やクエスト、敵までもが、『ニーアオートマタ』の世界に染まるとのこと。

『ニーアオートマタ』は、『バビロンズフォール』と同じくスクウェア・エニックスとプラチナゲームズがタッグを組み、ヨコオタロウ氏とともに開発されたアクションRPGだ。非常に高い評価を獲得し、ちょうど本日で発売5周年を迎える。

今回公開されたスクリーンショットでは、本家が手がけただけあり、同作のキャラクターの衣装が見事に再現されていることがうかがえる。中世の油絵のようなタッチを表現するブラシワークフィルターによって、本作ならではのビジュアルに仕上がっている点も見どころだろう。

今回の発表に合わせて、本作のシーズン1トレイラーも公開された。『バビロンズフォール』は約3か月周期のシーズン形式で運営され、シーズンごとに大規模アップデートが実施される。シーズン1「久遠の巨塔」は、PS4/PS5向け先行体験版が配信される2月25日から開幕予定だ。

トレイラーでは、シーズン1に配信されるコンテンツが凝縮して披露されている。まず新たなクエストとして、強力なボスとの戦闘に特化した「デュエル」と、特殊なステージの獲得スコアをランキング形式で競う「ガントレット」が追加予定。いずれも、遊びの幅をより広げるクエストになるとのこと。

さらに、新たな種族として「モルザム人」も追加。灼熱の溶岩洞窟を根城とする巨躯の穴居民という。また、攻撃に特化した斧系の武器「グレートアクス」も追加される。

『バビロンズフォール』は、PS4/PS5版が3月3日に、PC(Steam)版が3月4日に発売予定だ。本作の「デジタルデラックスエディション」か「コレクターズエディション」を購入したユーザーは、アーリーアクセスとして、PS4/PS5版は2月28日18時から、PC(Steam)版は3月1日2時から本作をプレイ可能になる。また、PS4/PS5向けの先行体験版が、2月25日18時に配信される。

なお、本日2月23日22時からは本作の公式生放送が配信予定。開発陣による、シーズン1で配信されるゲームモード「デュエル」の実機プレイなどが披露されるとのことだ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る