『FF14』パッチ5.55が本日公開。「暁月のフィナーレ」に向けメインクエストはクライマックスへ、ゲーム内外にフェンダーギターも登場

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スクウェア・エニックスは5月25日、『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FF14』)のパッチ5.55を配信する。4月13日に配信されたパッチ5.5「黎明の死闘」のマイナーパッチであるパッチ5.55では、「黎明の死闘」メインクエストの後編やセイブ・ザ・クイーンの新たなフィールド「ザトゥノル高原」など、さまざまなコンテンツが追加される。

新たなメインクエスト
『FF14』では、大型拡張パッケージ発売前の最後のメインクエストは、前後編に分割しての配信が恒例となっている。今回実装されるメインクエストはパッチ5.5「黎明の死闘」メインクエストの後編にあたるものだ。大型拡張パッケージ「暁月のフィナーレ」に向けてのクライマックスがどのように展開されていくのか、目が離せない。


セイブ・ザ・クイーン関連
また、セイブ・ザ・クイーンには新たなフィールド「ザトゥノル高原」が実装される。パッチ5.35で実装された「南方ボズヤ戦線」の続編にあたるフィールドで、セイブ・ザ・クイーンのストーリーの最終章も展開されていくようだ。レジスタンスランクの上限が15から25となり、新たなスカーミッシュとクリティカルエンゲージメントも追加となる。一騎打ちも新たに追加され、歯ごたえのある戦闘を楽しむことができるようだ。また、最大48人で突入できる大規模決戦「旗艦ダル・リアータ攻略戦」も実装される。


レジスタンスランクがレベルキャップに到達したあとの成長要素として「レジスタンス勲章」システムも実装される。レジスタンス勲章はレジスタンスランクが25に到達すると開放される。戦果を一定量おさめるごとに「戦果認定証」を入手し、この認定証を勲章と交換していくと、セイブ・ザ・クイーンコンテンツ内での能力がアップしていく仕組みだ。勲章は、最大HPがアップする「堅守彗星章」、与ダメージがアップする「勇猛彗星章」、自身からのHP回復効果がアップする「救命彗星章」の3種類だ。

武器強化コンテンツ「レジスタンスウェポン」の強化も最終段階に入る。パッチ5.55のクエストを進行して「ザトゥノル高原」を開放する際に、同じタイミングで強化クエストを受注可能となる。完成した武器は現状の最強装備である「希望の園エデン零式:再生編」の報酬武器を少しだけ上回る性能になるそうだ。アイテムレベルは変わらないものの、サブステータスを調整できるぶんレジスタンスウェポンのほうが高性能であるとのこと。

新たに追加されるロストアクションには、強力な効果を持つものが多いようだ。


楽器演奏にエレキギターが登場
吟遊詩人専用アクションである楽器演奏に、新たな音色としてエレキギターが登場する。演奏中にキャラクターが構えているギターは、老舗楽器メーカー・フェンダー社とのコラボレーションモデルのストラトキャスターである。


インゲームでのエレキギターは演奏中に音色を切り替えることができる特殊な楽器となっており、実際にエレキギターでエフェクターを切り替えながら演奏するような遊びが可能となるようだ。クリーントーンの透き通ったサウンドからエレキギターならではの歪みのあるディストーションギターの音色まで幅広く楽しめ、さらにピックスライドやミュートなどの特殊奏法も可能とのこと。

なお、実際にフェンダー社から販売されるストラトキャスターも本日から予約が開始されている。希望小売価格は39万6000円。国内販売の開始は10月下旬を予定している。

新たな髪型やエモートなども追加に
新たな調度品や髪型、エモートなどの画像も公開されている。

調度品は、過去2回にわたっておこなわれた調度品デザインコンテストの応募作品からも実装されている。
揉み手のエモート。いやらしい話をするのにピッタリだ。
新たな髪型は、髪型デザインコンテストの応募作品が参考にされている。
トリプルトライアドのカードコンプリート報酬と見られるマウントでは、カード(らしき巨大な板)に乗ることができるようだ。


『FF14』のパッチ5.55は本日19時頃にメンテナンスの終了次第、公開される予定だ。実装内容の詳細については、パッチノートを確認していただきたい。

© 2010 – 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る