『あつまれ どうぶつの森(あつ森)』では、トイレに座ると“スッキリして力が抜ける”

Image Credit : Katy / 任天堂

『あつまれ どうぶつの森(あつ森)』では、数多くの家具が用意されている。自分の部屋だけでなく、島にも飾ることができ、自由度の高いデザインを楽しむことが可能。その中には、水まわりに関する生活用品も多く揃えられている。バスタブや洗濯機、そして「便器」である。今作ではトイレの種類がやたらと多い。小便器や和式トイレ、洋式トイレ、ウォッシュトイレ、ビデ、そしてそれらの掃除用具など。トイレマニア垂涎もののラインナップである。そして、これらの中の一部のトイレには、ギミックが仕込まれているようだ。Kotakuなどが報じている。

対象となるのは、洋式トイレをはじめとした座れるタイプのもの。プレイヤーが飛び乗って座ることができる、椅子のトイレが基本的な対象だ。これらのトイレに座ってみると、すぐ何か起こるわけではない。しかしながら座ってから数秒が経過すると、「う~ん、スッキリ!」という言葉が表示され、文字通り“スッキリ”する。かなり示唆的な表現であるとして「あつ森ではうんちができる」などと海外ではド直球に報じられ話題を呼んでいる。

スポンサーリンク

面白いのは、このスッキリする演出は、単なるテキストだけの描写ではない点だ。特定トイレに座り数秒待つことで、「力が抜ける」。本作に登場するフルーツは、口にすることで特別な力を得ることができる(効果については、ネタバレにつき自粛)。トイレに座ることで、そのフルーツの力がなくなるのだ。複数個食べて力を貯蓄していれば、その力が排出され“洗い流されていく”。気分的にスッキリするだけでなく、実際に身体に変化が現れるわけだ。

『どうぶつの森』シリーズにおいては、過去にも洋式トイレが登場しており、任意のボタンを押すと水が流れる音がするといった演出が存在した。排泄についての描写は示唆レベルで存在していたのだが、今回はそもそもトイレのバリエーションがやたらと多く、「スッキリする」というテキストと「特別な力が抜ける」という効果が存在することから、よりそれっぽくなっている。直接描写ではないものの、かなりにおわせ力が強いトイレの描写は、『どうぶつの森』シリーズらしく任天堂らしいセンスと言えるかもしれない。なお、果物を食すことで得られる特別な力は、時に行動を制限する部分もある。ただ小ネタとして愉快なだけでなく、プレイヤーにとっては有用かもしれない。

ちなみに、原則的には座れるタイプのものに対応していると述べたが、座れるトイレの中にも、スッキリできないものもあるという。トイレを見つけた際には、適当に砂浜に設置し、スッキリできるものか否かを調査してみるのもよさそうだ。

Image Credit : どなべ / 任天堂

『あつまれ どうぶつの森』は、Nintendo Switch向けに3月20日より発売中だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog