PS4もしくはXbox Oneを内蔵するゲーミングPC発表。3機種全載せ計画は断念も、ついに製品化

BTOメーカーのOrigin PCは1月7日、アメリカ・ラスベガスで開催されているCES 2020にて新型PC「Big O」を正式発表。同日より販売を開始した。PlayStation 4 ProもしくはXbox One Sのどちらかを選び、内蔵できるというゲーミングPCである。

スポンサーリンク

「究極のエンタメ&コンテンツ創造マシン」と称された「Big O」は、ハイスペックゲーミングPCである。この”ゲーミングPC”は、PCでゲームをするという枠組みに収まらない。前述するように、カスタムPCと家庭用ゲーム機(コンソール)の両方を内蔵する仕組みになっているのだ。コンソールにて4K HDRでゲームを楽しみながら、同時にハイパフォーマンスでPCのゲームをできる。そんなハイブリッドマシンとして開発されたという。なおPS4 ProおよびXbox One Sについては、ディスクドライブを搭載していない関係でダウンロードゲーム専用となる。

設計としては、CORSAIRのMicro-ATX型のケースCrystal Series 280Xをベースとし、PCとコンソールの両方を収納できるように改造。Xbox One SもしくはPlayStation 4 Proのどちらかを選び、PCの隣に入れる。両ハードを同梱するメリットとしては、たとえばコンソールでゲームをしながらその映像を高解像度のままPCでキャプチャしたり、PCにて画面を映しながらコンソールをプレイできるといった遊びが売りになっているようだ。ゲーミングPCとコンソールを両方走らせることで、“ローカル・クロスプレイ”も可能とのこと。

PCのスペックは選ぶことができ、小さいながらもCore i9-9900KやAMD Ryzen 9 3900Xといったプロセッサを搭載可能。デフォルトで水冷クーラーを搭載し、ケース内の温度も低く保たれるそうだ。このようにBTOとして販売されている同モデル。デフォルトのオプションを選んで購入する場合は、PS4 Proを選ぶ場合、プロセッサはCore i9 9600Kでメモリ16GB。ビデオカードはGeForce GTX 1660 SUPERといったスペックで、お値段は約2700ドル(29万円)。本体価格的にも差がある影響で、PS4 ProをXbox One Sにすれば2600ドル(28万円)程度に収まる。ストレージや電源なども備わっているが、オプションで高いものを選んでいけば価格もそれに伴い上昇していくだろう。

2019年発表のBig O

Origin PCは、以前にはゲーミングPCにPS4、Xbox One、そしてNintendo Switchをすべて内蔵する「Big O」を発表していた。同コンセプトPCはコスト面で実現が危ぶまれていたが、紆余曲折を経てゲーミングPCとPS4もしくはXbox Oneどちらかを内蔵するという形に収まったようだ。老舗変態メーカーの新たな「Big O」は販売中だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog