Nintendo Switch版『デビル メイ クライ 3 スペシャル エディション』発表、来年2月発売へ。お値段2000円

カプコンは11月26日、『デビル メイ クライ 3 スペシャル エディション』をNintendo Switch向けに発表し、2020年2月20日に発売すると発表した。ダウンロードのみでの販売となり、価格は税別1890円。

スポンサーリンク

『デビル メイ クライ 3』は、2005年に発売されたシリーズ第三作目。主人公となるのはおなじみのダンテ。第一作目以前の時間軸を舞台に、双子の兄バージルとの対立と葛藤が描かれる。スピード重視、剣撃重視、銃撃重視、防御重視と異なる性能のアクションが楽しめる「スタイルチェンジ」を導入。賛否あった第二作目を大幅に改良し高い評価を獲得した。

「スペシャル エディション」は、『デビル メイ クライ 3』にさまざまな要素を追加したバージョン。バージルがプレイヤーキャラとして使用可能になり、ゲームモード“ブラッディパレス”が追加されたほか、敵の配置変更・調整や「ターボモード」導入などシステムやバランス面でも手が入れられたグレードアップされたものとなる。本作がどのバージョンの『デビル メイ クライ 3 スペシャル エディション』であるかは不明であるが、公式のアセットなどを見る限り、HDコレクションに収録されたリマスター版が準拠になっていると推察される。

なお、第三作目の発表にあわせて、『デビル メイ クライ トリプル パック』が2020年2月20日に発売されることも明かされた。昨年より移植されている『デビル メイ クライ』シリーズ三作をパッケージに収めたもの。こちらはパッケージとなっており、価格は税別4990円。「トリプルパック」は、『デビル メイ クライ』のゲームカードと『デビル メイ クライ 2』、『デビル メイ クライ 3 スペシャル エディション』のダウンロードカードを封入する形となる。

これで初期三部作が出揃ったNintendo Switch向け『デビル メイ クライ』シリーズ。なおPS4/Xbox One/Steam向けには、同じく三部作を収録する『デビル メイ クライ HDコレクション』がリリースされている。自分に合ったプラットフォームで、『デビル メイ クライ』をプレイするといいだろう。

 

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog