アクションRPG『ドラゴンボールZ KAKAROT』ゲーム内容を解説する新映像公開。ナムやランチなど懐かしのサブキャラクターたちの姿も

バンダイナムコエンターテインメントは『ドラゴンボールZ KAKAROT』のイントロダクショントレーラーを海外向けに公開した。ラディッツやフリーザとの戦いを取り上げつつ、オープンワールドの仕様をナレーションで解説している。

スポンサーリンク

『ドラゴンボールZ KAKAROT』はPlayStation 4/Xbox One向けに2020年1月16日発売予定の完全新作となるアクションRPG(Xbox One版はダウンロードのみ)。開発はサイバーコネクトツーが担当。悟空体験アクションRPGとされる本作は、孫悟空となりオープンワールドの世界で「ドラゴンボールZ」の物語を再体験することができる。

今回のトレーラーはサブキャラクターも紹介。人造人間8号、ランチ、ナムといった「ドラゴンボールZ」の前半を中心に活躍したサブキャラクターも登場し、サブクエストなどで会話することもあるようだ。特にナムというキャラクターは、原作では幼少期の悟空と出会って以来それきり出会うことはないが、『ドラゴンボールZ: KAKAROT』のサイドクエストで成長した悟空と再会を果たすイベントがあるようだ。

トレーラーの解説によると、『ドラゴンボールZ KAKAROT』の戦闘は、PvPのようなものではなく、あくまでアクションRPGであるという。これまでの対戦ゲームでは、悟空とそのほかのボスは互角に調整されていたが、今作ではCPUのボスや敵は悟空よりも圧倒的に強く、体力やパワーにおいて悟空をはるかにしのぐ力を持っている。そのため悟空はピッコロのような味方と協力して戦う必要があり、原作により迫った過酷な戦いが演出されているようだ。

さらにフィールドには、見えない壁のような障害物はない。動画ではラディッツを吹き飛ばすと、山を貫通してはるかかなたまで飛んでいくシーンも。オープンワールドを生かした、巨大なスケールかつダイナミックな戦闘が可能で、原作アニメの戦いの雰囲気を今までになく再現しているかもしれない。

プレイヤーはオープンワールドの中で狩りをして、キャンプで調理をすることもできる。ただしトレーラーの解説によると、『ドラゴンボールZ KAKAROT』は真の意味でのオープンワールドではない。悟空はいつでも、どこへでも移動できるが、あくまでストーリーに矛盾しない範囲で可能であるということだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog