PS Plus 12月のフリープレイに、PS4向け『GRAVITY DAZE 2』がやってくる。12月提供コンテンツ先行公開

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは本日11月29日、12月のPlayStation Plus加入者向け提供コンテンツの一部を先行公開した。目玉タイトルとしては、『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択(以下、GRAVITY DAZE 2)』や『Action Henk』がフリープレイとして提供される。提供期間はいずれのタイトルも、2018年12月5日より1月8日まで。多くのユーザーに愛された国産重力オープンワールドと、変わり種レースゲームが遊べるようになる。知名度に差はあるが、ともに高い評価を獲得した作品。12月のフリープレイ対象作品で年越しも楽しめそうだ。

『GRAVITY DAZE 2』は2017年1月18日に発売されたオープンワールド重力アクション。PS Vita向けに発売され高い評価を獲得した『GRAVITY DAZE』の続編である。前作に引き続きキトゥンとダスティが、重力を操り広大な世界を旅することになる。前作の2.5倍以上の広大なマップを舞台に、笑いあり涙あり、バトルありレースあり労働ありの自由なゲームプレイが楽しめる野心作。ファンに強く愛されたフランチャイズということもあり、2018年1月にオンラインサービスが終了すると告知された際には、存続を願う署名活動が進められ、結果的に終了時期は半年延長されることになった。そうした背景もあり、現在はオンラインサービスは利用できないが、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが生み出した力作をプレイするのには絶好の機会だろう。

『Action Henk』は、ふとっちょのおじさんを走らせて好タイムを目指すというやや奇抜なレースゲーム。2016年3月にPS4向けに配信された。ケツや頭など、体のあらゆる部位を使い最速を目指す。さまざまなプラットフォームで配信されており、高い評価を獲得している作品でもある。“おじさん”とともにショートカットを見つけたり、最短ルートを見つけるなど、やりこみに興じてみてもいいかもしれない。ただし、PSストアには英語のみ収録されていると記述されているので、対応言語については留意してほしい。

そのほかPS Plus加入者向けの12月の特典としては、SMEとスマイルブームがおくるミニゲーム集『日々、コントローラーいじり。』の配信や、2017年に開催されたFINAL FANTASYオーケストラコンサートの生演奏音源とスクリーンに映された映像が楽しめる「Premium Musical Notes(PMN)“FINAL FANTASY 30th Anniversary Distant Worlds: music from FINAL FANTASY JIRITSU/而立”PS Plus Edition」などが用意されている。ともに12月5日よりアクセスできる期間限定コンテンツとなっている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog