PS4版『PUBG』日本向けに予約販売受付開始、3種類のラインナップが用意

PUBG corporationは本日11月14日、『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』をPlayStation 4向けに発売すると発表した。まずは海外向けに発表されていたが(関連記事)、国内向けにも発売されるようで、PS Storeにて予約販売受付が開始されている。発売日は海外と同日の12月7日だ。

パッケージとしては3バージョン用意されており、通常版となるチャレンジャーズ・エディションは3300円。予約購入特典としては、PSプラットフォームならではのアイテムとして『アンチャーテッド』シリーズの主人公ネイト風コスチューム、『The Last of Us』のエリーのバックパックがついてくる。

5500円のサバイバーズ・エディションには、ゲーム本編および通常版の予約特典に加えて、4番目のマップ「Vikendi」へのプレミアムイベントパス(Survivor Pass)や、コスチュームアイテムおよび追加機能購入用の2300 G-Coins、2万 BPがついてくる。6600円のチャンピオンズ・エディションは、サバイバーズ・エディションとほぼ同等の内容で、ついてくるG-Coinsは6000という点のみ異なっている。それぞれのニーズにあわせてパッケージを選択すればいいだろう。

『PUBG』は最大100人のプレイヤーが戦場におりたち、武器や物資を入手しながらしのぎを削り、最後の生き残りになるまで戦い続けるバトルロイヤルゲーム。PlayStation 4版は、Erangel、Miramar、Sanhokマップが実装された状態で配信開始される予定。またイベントモード、カスタムモード、ランクシステム、トロフィーといった機能も含まれているようだ。

正式リリース1周年間近となる2018年12月7日に、ついにPS4でも発売される『PUBG』。同プラットフォームでのプレイを切望していた方は、今のうちに予約しておこう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog