『スマブラ SP』にパックンフラワーが参戦、早期購入特典として製品発売後実装。DLCにより今後も“完全新規ファイター”が追加される

任天堂は、今月11月1日に放映された「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Direct 2018.11.1」にて、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にパックンフラワーが参戦することを発表した。パックンフラワーは、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズでは、フィギュアや敵役として登場していたが、今作ではファイターとして参戦するという。

スポンサーリンク

「マリオ」シリーズにておなじみのパックンは、土管に入りつつも敵の攻撃を避けるなど、俊敏な動きを見せる。首を振ってのスマッシュ攻撃は、威力抜群だ。葉っぱの部分で敵をつかみ投げたり、空中では“土管”を使った殴打攻撃を見せつけたり、鉄球を操りそのまま投げつけたりと、かなり多芸な印象を受ける。ディレクターの桜井政博氏も「あくの強いアクションが特徴」と紹介。最後の切りふだは、ボスパックン。ステージを覆うほどの巨体を持つ恐ろしいパックンが他プレイヤーを襲う。

パックンフラワーは、早期購入特典として用意されており、12月のゲーム発売後から1~2か月後に実装予定であるとのこと。パックンフラワーのamiiboは2019年2月15日発売なので、それまでには発売されているということになるのだろうか。パッケージ版購入者は、マイニンテンドーへゴールドポイントを登録するだけでよいとのこと。

桜井氏がまぶたを閉じ、「私は、いつ休めるんでしょうね」とつぶやく場面も 画像は同ダイレクトより

またあわせて、ダウンロードコンテンツの制作も発表された。『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』では、総勢で7体のファイターがDLCによって参戦してきたが、その路線は今作でも受け継がれる。ただし、前作は過去キャラの復刻ファイターなども存在したが、今作は“全員参戦”が告知されている。つまり、ダッシュファイターなどでもない、いちからつくる完全新規ファイターが用意されることになる。

コンテンツとしては、1ファイターと1ステージ、複数の音楽がセットとなっており、1セット税別602円で販売予定。あわせて、シーズンパスにあたるファイターパスが発表された。ファイターパスは、前述の1ファイター1ステージ複数の音楽のセットが、5セットになっており、税別2500円で販売される。つまり、最低でも5名のキャラクターが今後参戦することになる。ただし、ファイターなどの内容は販売開始時点では明かせないといい、納得した方のみ購入してほしいとしている。ファイターパスの特典としては、『ゼノブレイド2』のレックスの剣術コスチュームが発表された。DLCについては、今は何を作っておらず、リリース時期も未定で、これから作っていく段階だという。全部出すのに1年ぐらいかかもしれないとも。それぐらいのスケジュールを想定し、ファイターパスを購入するとよさそうだ。

ケンやガオガエンの参戦、そして新モードである新スピリッツなども告知されたダイレクト。40分にわたる濃厚な放送を、あらためて見直してみてもいいかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog