『グランド・セフト・オートIV』のゲーム内楽曲にまつわる問題は解決へ。ゲームは配信停止せず、契約終了の楽曲は新曲に交換すると発表

海外メディアKotaku UKなどが先日『Grand Theft Auto(グランド・セフト・オート) IV』の一部の楽曲が、発売から10年を迎えるにあたりライセンス期間を終了し削除されるのではないかという問題について報じていた。この問題は解決の方向で進んでいるようだ。開発元のRockstar GamesがUSgamerに対し声明を発表している。

Rockstar Gamesからの声明は以下のとおり:

「音楽ライセンスの制限により、私たちは『Grand Theft Auto IV』と付随するエピソードのゲーム内サウンドトラックから特定の楽曲(特にロシアン・ポップのラジオ局Vladivostok FMの大部分)を削除する必要があります。しかし私たちはそのラジオ局の楽曲の一部を新たな曲に置き換えているところです。私たちのカスタマーサポート・ウェブサイトでは利用可能になり次第、情報を更新する予定です」

ゲーム内楽曲の権利問題に関して、『GTA』シリーズでは過去にも『Grand Theft Auto: Vice City』でソニー・ミュージックエンタテインメントが権利を所有するマイケル・ジャクソンの楽曲が問題となり、一時Steamから姿を消したり、『Grand Theft Auto: San Andreas』から楽曲が削除されるといったことがあった。

Alan Wake

ビデオゲーム全般に視野を広げると、中には楽曲の削除に留まらないケースもある。Remedy Entertainmentの『Alan Wake(アランウェイク)』のケースではパッケージ版、ダウンロード版共に、楽曲のライセンス契約終了によって販売が停止されるといった事態も起きている(関連記事)。先日も理由は不明なままUbisoftの『Call of Juarez: Gunslinger』と『Call of Juarez: The Cartel』が販売を終了したばかり(関連記事)。ダウンロード販売の普及によってゲームのロングテール化が進む昨今、ライセンス問題によって購入できなるゲームは今後も増えていくものと思われる。そんな中、楽曲の削除を新曲への置き換えをスムーズに行うRockstar Gamesの判断は、ファンにとって嬉しいものだろう。こういった手厚いアフターサービスは、絶大な人気を誇る『GTA』シリーズだからこそ可能なサービスといえるかもしれない。

『Grand Theft Auto IV』は、2008年4月29日にPS3とXbox 360で発売された。続編である『Grand Theft Auto V』の発売を控えた2013年の時点で、2500万本の販売を記録している。(Digital Spy

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog