ニンテンドースイッチにて、初プレイから1年が経過したゲームの「プレイ記録」がリセットされる奇妙な現象が発生中

本日3月3日に、ニンテンドースイッチは発売1周年を迎えた。充実した1年をおくった同ハードにとっては記念すべき1日であるが、その一方でやや奇妙な現象が発生している。奇妙な現象とは、ニンテンドースイッチにおけるマイページの「プレイ記録」の一部のデータがリセットされたように表示されることだ。

ニンテンドースイッチのプレイ記録には、これまで遊んだタイトルやタイトルをどれほど遊んだかという時間が記載されている。このプレイ記録にて、初プレイから1年が経過したタイトルの記録がリセットされているという報告がReseteraでされている。実際に弊誌でも確認してみたが、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のプレイ記録が「0日前にはじめてプレイ」とリセットされていることが確認できた。発売日にニンテンドースイッチを購入したユーザーは同じ現象を確認できるだろう。

この現象が、任天堂が意図したものなのか不具合なのかが気になるところ。結論から言えば、不具合であるようだ。任天堂もこの現象を把握しているようで、公式ホームページのサポート情報に同様の現象の質問を例にあげ、以下のように回答している

「マイページの「プレイ履歴」が一部正しく表示されない現象については、今後の本体更新にて修正を予定しています。本体更新データの配信をお待ちください。※マイページの表示上の問題であり、プレイ記録やセーブデータの異常ではありませんので、ご安心ください。」

「正しく表示されない現象」という文面を考えると、プレイ記録そのものがリセットされたわけではないと考えてもよさそうだ。プレイ記録を見ながらどれくらいゲームを遊んだかを確認するユーザーも多いと思われるだけに、この点について気になるところだろう。しかし、思い出という名の記録がなくなるわけではないようだ。

そもそも、ニンテンドースイッチのプレイ記録の周辺の仕様は、かなり特殊だ。たとえば、プレイ時間については、初プレイから10日後から表示されたり(関連記事)、5時間区切りに表示されるといった、一風変わった計測をしている。そうした仕様を知っているユーザーには、今回のリセットも仕様なのではないかと思われた方もいるだろう。しかし、任天堂は修正するとの声明をすでに出しているので、心配をする必要はなさそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog