『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』ヒロイン達の衣装はエレガントさを表現。セクシーさを強調しているのではないかとの懸念に開発者が回答

SNKがPlayStation 4/ニンテンドースイッチ向けに開発中の『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』は、『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズなどに登場したSNKの女性キャラクターたちが2対2のタッグマッチで闘う対戦格闘ゲームだ。公開された映像などでは、おなじみのヒロインたちがいつもとは違うさまざまなコスチュームで闘っており、強烈なインパクトを放っている。中には露出度の高い過激なものも見られるが、これにはどういった意図があるのか、プロデューサーの小田泰之氏が海外メディアGame Informerのインタビューに答えている。

近年は欧米を中心に、女性キャラクターを不必要にセクシャルに描いて関心を得ようとする手法に対しては批判的に受け止められる傾向にあり、一部では本作もそういった手法を取っていると映っているようだ。こうした批判あるいは懸念について問われた小田氏は、本作には露出度の高い衣装が存在することを認めつつも、過剰に性的だというようには感じていないとしている。むしろ、女性のかわいさやエレガントさを押し出したいという想いを表現したものであるため、露出が過ぎると批判する人たちについては理解を得ることができると考えている(we feel like we are able to cull the people)と述べている。

そうした露出度の高い衣装については、キャラクターによってはこれまでのイメージと大きくかけ離れてしまう可能性も考えられる。不知火舞など、もともと肌の露出が多いキャラクターも存在するが、たとえば先日公開されたナコルルのヴァンパイアコスチュームは、元々の彼女のイメージとはかなり異なり一部で話題となった。またインタビューでは、ストイックなキャラクターのレオナがセクシーなネコ衣装を身につけている点を指摘しており、従来のファンはどう受け止めるべきか訊ねている。

これに対して小田氏は、ヒロインたちがそういった露出の多いコスチュームを身に着けていることには理由があり、単に開発者の好みで着せたいものを着せている訳ではないと説明する。その理由については本作のストーリーに結びついており、現時点で明らかにすることはできないそうだが、プレイしてもらえれば、なぜヒロインたちがそのような衣装を着ているのか、またなぜそのようなシチュエーションにいるのかをファンにも理解してもらえるだろうと小田氏は述べている。またキャラクターのイメージについては、本作をプレイした後であっても変わることのないように、注意を払いながら開発しているとのこと。

『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』のストーリーについてはまだ多くが謎のままだが、格闘大会を終えたヒロインたちが昏睡状態に陥り、何者かによる恐るべき計画に巻き込まれ、不思議な館で宴(バトル)を繰り広げることになるということがこれまでに明かされている。ファンゲームらしい楽しげな雰囲気に包まれた本作だが、冒頭の露出が過ぎるという批判についても、物語の背景に触れてもらえば理解してもらえるはずだというのがSNKとしてのスタンスなのだろう。

こうした小田氏の説明は、海外フォーラムではKOJIMA PRODUCTIONSの小島秀夫氏を想起させたようだ。コナミが『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』に登場する女性キャラクター「クワイエット」を発表した当時、今回と同じように衣装の露出度について批判的な意見が一部で持ち上がった。それに対して小島氏は上のツイートのように、クワイエットが肌を露出していることには理由があり、その秘密を知れば批判していたことを恥じるだろうと述べていた。これが、小田氏の回答と重なって映ったのだ。

クワイエットについては、ネタバレになるので詳しく述べることは控えるが、肌を露出する必然性があることが判明している。ただし、カットシーンでは彼女のセクシーさを強調するかのような演出もあり、依然そのキャラクターの描き方についての受け止め方は人によってさまざまだ。前出の海外フォーラムではそういった経緯も踏まえて、『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』の露出に対する小田氏の説明について議論が続いている状況である。2018年夏に発売予定の本作ではどのようなストーリーが展開されるのか、ゲームに期待するファンとはまた別に、今回話題となった視点からの注目も集めることになりそうだ。

*キャラクターカスタマイズでは、それぞれのオリジナル衣装も登場する

なおインタビューでは小田氏は、本作はより幅広い人たちに手軽にプレイしてもらうために簡単操作を導入しつつ、競技性についても兼ね備えていることや、SNKとして久々の任天堂プラットフォームでのリリースになること、またEVOなどの格闘ゲームイベントにおけるファンの後押しなどについても語っている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog