Nintendo Switch版『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、世界規模でも本体よりも売れていた。任天堂が公式発表

任天堂は本日4月27日に、2017年3月期の決算発表をおこなった。発表の資料の(リンク先はpdf)なかで、新型ハードNintendo Switchが3月中に全世界で274万台販売され、さらにNintendo Switch版『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が276万本販売されたことが明かされている。

先日、調査会社NPDが3月に北米にて販売されたNintendo Switchハードウェアの台数は約90万6000台であり、Nintendo Switch版『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の販売本数が本体を上回る約92万本であると発表しており、本体よりもゲームが売れるという事態が発生していた。調査自体の不正確さやNPD側のミスを疑う声もあったが、この現象は北米だけでなく全世界でおこっていたということが明らかになっている。

ちなみに、Nintendo Switch版『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、一般的に装着率が高くなりやすいといわれる本体同梱版は発売されていない。国内外向けに「コレクターズエディション」「デラックスエディション」といった限定版が販売されているので、こうしたコレクター向けのアイテムが販売に影響を及ぼしているのかもしれない。いずれにせよ、ゲームのクオリティの高さがこうした現象を支えていることは間違いないだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog