『League of Legends』のオープンβテスト開始日時が決定。3月1日から始動へ、アカウントの移行サービスもついにスタート

Riot Games, Inc.の日本法人ライアットゲームズは、『League of Legends(以下、LoL)』のオープンβテストを3月1日(火)の午前9時よりスタートすると発表した。これにあわせて、アカウントの移行サービスも同時に開始される。

『LoL』のサービス運営は2009年10月の北米サーバーからスタートしており、それから約6年以上の月日をかけて、ついに誰でも日本サーバー上で日本語版が遊べる形でサービスか始動する。ただし注意事項として、今回のオープンβテストは「開始日時は状況により変更となる可能性があります」とは伝えられており、その点には注意されたい。

スポンサーリンク

今年1月にはクローズドβテストの始動が発表され、2月上旬から約10日間にわたり実施。この際には、「プレイヤーの皆様が求められるサービスレベルを確保するため、地理的に近い国々からのアクセスを制限することにいたしました」と、プレイ体験をより良いものにするため海外からのアクセスを制限することが明らかにされていた。またライアットゲームズはこの制限について当時、「アクセス制限は将来に渡って固定されたものではありません」とし、状況を見つつ制限を変えていくことも伝えている。

ゲームクライアントは『LoL』の日本語公式サイト上からダウンロードすることができる。またアカウントの移行方法などについては、こちらの公式FAQを参照して欲しい。

なお公式FAQによれば、日本サーバーへの移行は2016年3月31日23時59分まで無料でできる。また、2016年3月15日23時59分までに移行すれば、無料で「ブラッドムーン ヤスオ」スキン、ヤスオを所持していない場合にはヤスオもプレゼントされるとのことだ。このほかにも、オープンβテストから正式サービスへとアカウントをそのまま使用できること、オープンβテスト中も海外からの一部アクセスを制限していること、Garena運営の東南アジア地域・Tencent運営の中国地域・韓国地域以外のサーバーであれば相互にアカウント移行が可能なことなどが明らかにされている。

【UPDATE 2016/2/26 18:10】: 日本サーバーへの移行や「ブラッドムーン ヤスオ」に関する文章を追記しました。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog