ソニー従業員、脳性麻痺を持つゲーマーに、ボタンなどがカスタムされた特別仕様のPSコントローラーを贈る

アメリカ、ニュージャージー州のSouth Amboyに住むPeter Byrne氏は、ゲームを愛する21歳の男性だ。最近はPlayStation 4を購入したのだという。しかし氏にはある悩みがあった。氏は脳性麻痺の障害を持っており、PlayStation 4のコントローラーであるDual Shock 4をうまく扱うことができなかった。

“ゲームをプレイする時、いつもタッチパッドがあたってしまうんだ。かなり繊細に反応してしまうから、ゲーム中たびたびポーズされてしまう。”

画像出典: Peter Byrne氏のFacebookより
画像出典: Peter Byrne氏のFacebookより

Byrne氏はその障害から、左手をうまく使うことができない。その影響で指がDual Shock4の中心部にあるタッチパッドに意図せずあたってしまうことが多々あり、そのたびにゲームが中断され、フラストレーションを溜めていたようだ。しばらくして、氏は愛するゲームを快適にプレイできないもどかしさからソニーに不満のメールを送ったのだという。

するとメールを送ったすぐ翌日に、Alex Nawabiと名乗る従業員から連絡があった。Nawabi氏は「PlayStationの組織としてではないけれど、個人的に君の助けになれるかもしれない」と返信し、協力の姿勢を示した。そしてByrne氏は自身のゲームプレイ中に起こってしまう不都合をNawabi氏に話すなど幾度かやりとりを交わしていく。

後日、Byrne氏のもとにひとつの小包が届けられた。そのなかには“世界にひとつだけ”のコントローラーが梱包されていた。同梱されていた手紙の冒頭でNawabi氏は「突然びっくりさせたことを謝りたい、しかし僕はやりとげた」と話す。氏は書面の中で、10時間以上をかけByrne氏の障害を考慮したさまざまなコントローラーを考案した結果、特別仕様のDual Shock 4を生み出したことを告白している。そのコントローラーは、タッチパッド機能を無効にし、タッチパッドの機能を持つボタンを、Byrne氏が比較的自由に扱えるコントローラーの右側の裏に設置するという仕様だった。

画像出典: Peter Byrne氏のFacebookより
画像出典: Peter Byrne氏のFacebookより

Nawabi氏は「このコントローラーは、保証は効かないし右の裏のボタンなどは普通のDual Shock 4みたいに快適に感じられないかもしれないけど、とても頑張って作ったので気に入ってくれると嬉しい。壊れた時のためにもうひとつ予備に作ったので、その時はぜひまた連絡してくれ」と粋なメッセージを送っている。

Byrne氏は今回のあらましをNawabi氏の手紙とともにFacebookに投稿した。この話はNewJersey 12を中心として瞬く間に広がっていった。Byrne氏は同紙のインタビューに母親とともに出演し、歓喜の声をあげている。

“こんなことになるなんて思いもしなかった。Nawabiさんは僕を気にかけてくれて、自分の時間をたくさん使ってこんな素晴らしいものを作ってくれた。感謝してもしきれないよ!本当にありがとうございます!”

NewJersey 12誌の映像では、Byrne氏が『The Division』を遊んでいる姿が映しだされている。特別仕様のコントローラーを握りしめた氏は、今日もエージェントとなって、退廃したニューヨークの街のどこかで活動しているのだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog