英国紙ガーディアン、『人喰いの大鷲トリコ』はE3 2015に登場すると報道。“信頼できる情報筋”より

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

英国の大手新聞社「The Guardian」は、開催迫るE3 2015にてTeam Icoが『人喰いの大鷲トリコ』を発表すると報道した。非常に信頼の置ける情報筋から得たとされる情報で、ついに『トリコ』が今年登場するのかと国内外のメディアを騒がせている。

2009年のものと同じになるかは不明

The Guardianは2015年のE3にて期待するタイトルの1つとして『人喰いの大鷲トリコ』を取り上げた。「そうだ、2007年から開発地獄に陥っていることは知っているが、非常に信頼できる人物によれば、『ICO』や『ワンダと巨像』などの愛された名作たちに続き、ついにTeam ICOが『人喰いの大鷲トリコ』に今年言及する」とコメント。一方で2009年のE3にて最後に公開されたものと同じバージョンになるかは誰にもわからないと続けている。

2009年のSCEプレスカンファレンスにて発表されて以降、ソニーは幾度となく『人喰いの大鷲トリコ』に関して「発表はないが開発は続けている」とのコメントをE3やgamescomに合わせて出してきた。開発がスタートしたとみられるのは2007年頃であり、すでに8年以上も開発期間が続いていることになる。その間に米国での商標登録が期限切れとなりファンが騒いだり(これは後に再取得された)、Team ICOのメインデザイナーである上田文人氏ががSCEを退社しフリーランスとして開発に参加するなど、さまざまな展開があった。

参考記事: 『人喰いの大鷲トリコ』のメインメカニックは「興味を惹く」?

しかしソニーとメディアの押し問答がある一方で、意外にも大手メディアが『人喰いの大鷲トリコ』が発表されるとの情報をリークした前例は無い。今回The Guardianの情報がどういった筋からのものかは不明だが、E3 2015でのソニープレスカンファレンスにはあらためて注目が集まりそうだ。当初はPlayStation 3向けのリリースが発表されていた『人喰いの大鷲トリコ』だが、E3 2015にて発表されるとなればPlayStation 4向けへと変更される可能性は濃厚だろう。

【UPDATE 2015/6/10 17:00】: 新たに海外ポッドキャスト番組「PS Nation Podcast」にて話された内容から、”PS4/PS Vitaを構築した男のチーム”が、『人喰いの大鷲トリコ』の開発に参加しているとの噂が広まっていることがわかった。件の会話はポッドキャストの50分前後から確認可能。この情報から、同作の開発に『Knack』を手がけたゲームデザイナー「マーク・サーニー氏」のチームが参加しているのではないかといった推測も立てられている。

この噂は海外の一部のゲーム業界人の間にてすでに広まっている模様だ。ゲームデベロッパーJust Add Waterの設立者でもあるStewart Gilray氏は「PS VitaおよびPS 4のアーキテクチャを作り上げた男のチーム」が『人喰いの大鷲トリコ』の開発に参加し、その完成を手助けしていると報告。また司会役であるGlenn Percival氏も同様の噂を聞いたと返した。マーク・サーニー氏はPS4およびPS Vitaの開発に参加していたことで知られる。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る