セガの古典2D横スクロールアクションの息吹感じる『Monster Boy』が開発中、制作には「ワンダーボーイ」「モンスターワールド」開発者など参加

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Game AtelierFDG Entertainmentは、2D横スクロールアクションゲーム『Monster Boy and the Cursed Kingdom』を開発中だ。もしトレイラーを見て「むかしセガが出していたアクションゲームっぽいなあ」という感想を抱いたのなら、それは大正解。本作は『ワンダーボーイ』や『モンスターワールド』などを手がけた西澤龍一氏と、海外のデベロッパーがタッグを組み開発を進めている作品である。

『ワンダーボーイ』や『モンスターワールド』の系譜が色濃く見える『Monster Boy』。今年2月に発表され、今月この初めてのトレイラーが公開された

もともと本作は『Flying Hmaster II』という名で2014年4月に発表されていたプロジェクトである。開発を担当するのは米国の開発スタジオであるGame Atelier。当時はKickstarterにて15万ドルの開発資金を獲得しようとしたものの、残念ながら思うように資金が集まらず失敗した。しかし海外メディアSEGA-16のインタビューを受けたGame Atelierによれば、FDG Entertainmentと『ワンダーランド』『モンスターワールド』『忍者くん』の開発者として知られる西澤龍一氏が同プロジェクトに興味を示しており、その後、協力して開発することで合意したという。

タイトル名は『Monster Boy』へと変更されたが、『Flying Hamster』の頃から目指されていた『ワンダーランド』や『モンスターワールド』のようなセガの古典アクションゲームらしさは健在だ。プレイヤーは基本となる「人間」形態のほか、「カエル」「ブタ」「ヘビ」「ライオン」といった5種類のモンスターに変身することが可能。それぞれが特殊能力を持っており、これを駆使してゲームのクリアを目指すことになる。また集めたコインを消費して強力な装備品やアイテムをショップで購入するといったお馴染みのシステムも存在する。

aztec_temple『ワンダーランド』や『モンスターワールド』を手がけた西澤氏だけでなく、本作へと楽曲を提供している面々もあまりにも豪華だ。『アクトレイザー』や『世界樹の迷宮』で知られる古代祐三氏、『大乱闘スマッシュブラザーズ』の一部楽曲を担当している桜庭統氏、『がんばれゴエモン』や『悪魔城ドラキュラ』などの山根ミチルさん、『エースコンバット』シリーズに参加してきた小林啓樹氏、さらに『カルドセプト』や『シェンムー』の柳川 剛氏。ここに多数のゲームソングを歌ってきた霜月はるかさんが加わる。特に1980年代から1990年代のレトロゲームが好きなゲーマーにとってはたまらないラインナップだろう。

『Monster Boy』は2016年内にリリース、対象プラットフォームはPC(Steam)およびPS4/Xbox Oneを予定。2016年初旬よりさらなるプロモーションが展開されてゆく模様で、今後さらに続報が聞けることを期待したい。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog

コラム