へんてこカオスなバレーボールゲーム『Volley Pals』発表。月面から“巨大ロボじゃんけん”までギミック満載

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

デベロッパーのNAISUは10月17日、『Volley Pals』を発表。2023年Q2に発売すると告知した。対応プラットフォームはPC(Steam)およびNintendo Switch/Xbox。Steamストアページ表記によれば、日本語表示にも対応する。

『Volley Pals』はアーケードスタイルの2Dバレーボールゲームだ。普通のバレーボールでは考えられないような、ハチャメチャなプレイが特徴だという。ゲームは最大4人のローカルマルチプレイに対応し、1v1、1v2、2v2の対戦が可能だそうだ。

本作では、チームは少人数でボールを相手のコートに打ち返すという、ビーチバレー風のルールが採用。一方で、各ステージにはさまざまなギミックも存在するという。相手のコート内に入ったり、ネットの高さを上げたり、じゃんけんをしたりといったバレーボールらしからぬ試合も展開するようだ。またヘッドタイを付けたスライムのようなキャラをはじめ、変てこで可愛らしいキャラデザインも本作の魅力となりそうだ。


トレイラーを見ると、ほぼネットがない状態でボールを打ち合っているシーンや、月面での低重力バレー、ポータルのようなギミックなどが確認できる。また、巨大なロボットのような手がじゃんけんをする下でバレーボールの試合が展開される様子や、上下にキャラがひしめく中で摩訶不思議な試合が展開するシーンも。カオスなバレーボール(?)を楽しめそうである。ステージのカスタマイズ機能も収録されるとのことで、さらに混沌としたステージを創造することもできるのだろう。

本作を手がけるのはNAISU Games。過去にはシューティングゲーム『モココ X』や、少女が主役のビーチバレーゲーム『Chibi Volleyball』などをリリース。『Chibi Volleyball』でもさまざまなカスタマイズが可能なステージは特徴であった。本作『Volley Pals』はそうした持ち味を継承しつつ、美少女キャラからやや変てこなキャラたちに主役交代となるようだ。個性的なバレーボールゲームの登場を楽しみにしておこう。

『Volley Pals』はPC(Steam)およびNintendo Switch/Xbox向けに2023年Q2発売予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る