ローグライクなパチンコRPG『Peglin』Steam早期アクセス配信&好調スタート。玉の行方が、戦闘の勝敗を決める 

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Red Nexus GamesおよびIndieArkは4月26日、パチンコゲーム『Peglin』を早期アクセス配信開始した。対応プラットフォームはPC(Steam)で、ゲーム内は日本語表示に対応する。通常価格2050円のところ、5月3日まで10%オフの1845円で入手することが可能だ。 
 

 
『Peglin』はパチンコを題材としたゲームだ。世界的に人気のパチンコゲーム『Peggle』に、デッキ構築ゲーム『Slay the Spire』を組み合わせたような作品であると、開発元は公言している。本作では、ドラゴンによって迫害されてきたPeglinたちが、反旗を翻し財宝を取り戻すことを目指す。ゲーム内では、分岐したマップを進むことで冒険が進行。枝分かれしたルートのどちらを選ぶかは、パチンコで決定する。弾が落ちた側の道へ進むことになるのだ。進んだ先では、自身を強化できるイベントが起きたり、宝箱から新たなパチンコ用の弾が見つかったり、戦闘が待っていたりする。 

戦闘は、画面上側に表示されたRPG風の画面と、その下のパチンコによって展開される。プレイヤーはまず弾(オーブ)を打ち出し、パチンコを見守る。オーブが釘(ペグ)に当たれば当たるほど、画面上で待つPeglinの攻撃力が上がるのだ。ペグにはさまざまな種類があり、上手く当てるとクリティカル攻撃を繰り出せるものや、消えてしまったペグを復活させるもの、壊すとPeglinが全体に爆弾攻撃を仕掛けられるものなどが存在する。 

オーブは、戦闘に勝利したり、宝箱から発見したりすることで、さまざまな種類を入手することができる。たとえばトゲトゲボールは、敵を巻き付き状態にして動けないようにする。またイナヅマボールは、電流を付近のペグに追加ヒットさせることができるのだ。 
 

 
さらに本作には、Peglinにさまざまな恩恵を与えるレリックも登場。すべての攻撃ダメージを増加させるものや、クリティカルペグを追加してくれるものなどが存在し、手に入れるほどPeglinは強くなっていく。しかし、いちどPeglinがやられてしまうと、こうしたオーブやレリックはすべて失われてしまう。マップも最初からやり直しとなり、ローグライク要素のあるシビアさも特徴となっている。 

本作は4月26日の早期アクセス配信開始以来、2000人程度のプレイヤー数をキープ。ピーク時には2774人にまで到達している(SteamDB)。新規IPとしては、なかなか好調な滑り出しといえるだろう。Steamストアレビューは本稿執筆時点で99件を集めており、ステータスは「非常に好評」。ユニークなテーマ性に加えて、シンプルながらも熱中できるゲーム内容が高評価を得ている。 

早期アクセス配信時点での『Peglin』は、1時間程度でコンプリート可能なボリュームになっているとのこと。開発チームは定期的に新規コンテンツを追加する予定だ。今後は早期アクセス配信を通じて、難易度変更などを含んだ、より多くの機能を実装予定とのこと。 
 

 
『Peglin』はSteamにてPC向けに早期アクセス配信中だ。通常価格2050円のところ、5月3日まで1845円で購入できる。本作は無料デモ版も配布されているため、興味があればプレイしてみるといいだろう。 

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る