オンラインRPG『ロストアーク』4月28日のアップデート情報公開。大規模な改善や、アビスレイド「カイシュテル」が登場

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ゲームオンは4月20日、情報番組「Pmangのゲムづめ!#56」内にて『ロストアーク(LOST ARK)』のアップデート情報を公開した。4月28日のアップデートでは、16人アビスレイド「カイシュテル」やカオスダンジョンヨーン「永劫」などの追加にくわえて、クラスバランスの調整なども予定されている。


アビスレイド「カイシュテル」は、10月に実装された「ミスティック」に続いて実装される2番目のアビスレイドだ。ミスティックでは2パーティー8人構成で戦ったが、今度は4パーティー16人構成でかつて鉄鎖戦争で悪魔側についた巨大な黒い竜のガーディアン「カイシュテル」と戦うことになる。ミスティック同様フェイズ制が採用。アイテムレベル870のフェイズ1では、通常の攻撃が届かない状況もあり、モンスターから弾を入手して使うデーモンスティンガーなど、フェイズごとに多彩なギミックが用意されているようだ。アイテムレベルはそれぞれ、フェイズ2がアイテムレベル885、フェイズ3がアイテムレベル900、フェイズ4がアイテムレベル915となっている。


カイシュテルの討伐に成功すると、ティア2アクセサリーと、アイテムレベル840の装備シリーズが作成できる素材が手に入る。同素材では、3種類の装備が作成可能。2セット効果で攻撃速度と移動速度+5%、5セット効果で攻撃命中時に最大HP5%のバリアを生成し、バリア消滅時に30秒間攻撃と攻撃速度が10%増加する「湧き上がる業火」シリーズ。2セット効果で、移動スキル使用時に4秒間攻撃と移動速度+8%、5セット効果でスキルクールタイムが8%減少する「破滅の虐殺者」シリーズ。2セット効果で、ボス等級以上のモンスターからの被ダメージが-10%、5セット効果でクリティカルヒット率が+15%される「憤怒の壊滅者」シリーズとなっている。


カオスダンジョンには、上位の段階としてヨーン「永劫」が追加される。入場には、1段階がアイテムレベル870、2段階がアイテムレベル885、3段階がアイテムレベル900が必要に。報酬としてはトライポッド用装備と、1段階目でヒーロー等級のティア2アクセサリー、2/3段階目ではレジェンド等級のティア2アクセサリーが用意されている。また今回のアップデートでは、新規島が2島登場。大きな麦酒醸造所があり、ビールへの変身アイテムがもらえる「ジスブロイ」。マップ表示が不可能で、広大かつ複雑な迷路が待ち受ける「氷迷宮の島」へ新しく訪問できるようになる。


新規コンテンツは以上であるが、4月のアップデートではクラスバランスパッチとして、PvPを中心とした調整が実施される。調整内容の一例として「殲滅戦の競争戦で死亡して復活した際、無敵バフ中にもスキルが使えるようになる」など、一方的な試合にならないような条件を追加し、優劣の差を緩和するような調整されているそうだ。クラスごとのスキル効果や、ダメージ量についても調整が実施されているという。バランス調整の詳細は当日のパッチノートにて公開。また、5月にもバランス調整は予定されているそうだ。


また、4月のアップデートではシステムレボリューションと称して多数の改善が行われる。大きな変更点としては航海中にペット機能や取引所、証明の闘技場へのエントリーも可能に。調整により、倉庫を整理しながらの航海もできるそうだ。ペット機能自体には、アイテムの自動獲得条件へのティア項目追加や、宝石の装着/変換機能の追加。競売場への興味リストの追加も行われ、興味のあるアイテムを保存し、すぐに確認できるように変更される。これまで見てきたムービーなどを再度閲覧できる回想の部屋も追加される。回想をするには、メニュー内から回想の部屋へ移動。ムービーには現在の装備が反映されるため、状況に装備をあわせたり、きぐるみをきて台無しにしたりしながら、ムービーやストーリーの振り返りができるそうだ。


そのほか、多数の改善内容が発表されている。カオスダンジョン報酬の一部調整として、アイテムドロップ確率の上方修正が実施。占領戦/討伐戦では、特性拠点のシルマエル血石の獲得量上方修正、B級占領戦のバランス調整、占領戦PvP拠点の挑戦申請条件の改善。クエスト/エポナ依頼の調整として、航海協同クエストで獲得できる報酬の一部調整され、チーム単位の競争クエストで開始時にチーム人数がより公平になるように。戦闘/ダンジョン/コンテンツの調整として、モンスターのカウンターアタック可能スキルがわかりやすくなる。

アイテム/アイテム辞書調整として、アイテム分解ウィンドウにエピック等級のアイテム一括登録ボタンが追加されるほか、ドロップした装備の自動分解機能も追加されてより便利に。遠征隊領地の調整として、ティア1の再錬成功確率が上昇する研究が追加され、最大訪問人数が16人から50人に。先日追加された「他キャラで即時接続時」のロード時間の最適化。ギルド関連システムの調整として、ギルド週間目標に「航海」グループが新規追加され、ギルド告知と参加投票告知の文字数が、40字から70字に。調整の書の改善として、証明の闘技場用のプリセットが5個まで拡大され、証明の闘技場の各コンテンツごとに調整の書プリセットが設定できるようになる。

ダンジョン/レイド/ガーディアン討伐機能の改善としては、パーティーメンバーの生存と関係なくボス戦をリトライできる機能や、バードとホーリーナイトが同じパーティーにマッチングされるなどマッチングの調整が実施。カードシステムの改善としては、経験値カードが保管庫スロットに保管されなくなり、経験値カードアイテムの登録時には未使用カード経験値ポイントに転換されるように。装備継承システムの改善として、ベースのアイテムレベルが同じ装備の継承時には、職人のオーラと装備経験値も一緒に継承されるように。郵便システムの改善として、新しい郵便が届いたときに、郵便箱から即時確認可能になり、相手が読んだ時間も確認可能になる。

そのほかの改善として、戦利品競売から出品されたアイテムの取引所最安値が確認できるように。新コンテンツ導入の準備のため、大都市のコンテンツ入場オブジェクト位置の変更も行われるそうだ。なお、今回発表されたアップデート内容はゲームオンに届いたばかりであり、発表されていない確認中の内容が含まれているほか、数値の変更などが行われる可能性もあるという。実際に、放送中にもGMのボブ氏から調整内容がコメントで伝えられた。同コメントによると、世界樹の葉のドロップ率向上、ユニーク等級出血ルーンドロップ率向上、タルシラの心臓やフィールドボスの島の心ドロップ率向上が行われるそうだ。


またゴールドについは、ゲームオンはゴールド緩和に向けて進めようとしており、現在開発元と慎重に協議中。続報が分かり次第発表が行われるようだ。5月には、プロデューサーレターなどいつもと違った情報の出し方や、少し先のお知らせについても検討されているそうだ。

4月のアップデート後には、イベントも予定されている。期間限定イベント「からあげ島」では、強化素材や鳥のようなアバターが入手できるほか、抽選でビールジョッキなどが入手可能。エポナ報酬2倍イベント、ゲームをプレイするとWebMoneyなどがもらえるロストアーク満喫キャンペーン、カイシュテル討伐イベント、共鳴のオーラ回復秘薬がもらえるHotTimeイベントも開催予定となっている。また、4月28日のアップデートは内容が多岐に及んでおり、ファイルサイズも大きくなる。そのため、メンテナンス中でもパッチのダウンロードができるように準備しているという。当日のメンテナンス開始後、Twitterで告知が行われたあとにアップデートを行うと、メンテナンス終了後すぐにゲームがプレイ可能になるそうだ。また番組の最後には、視聴者プレゼントも発表された。シリアルコードを4月26日23時59分までに公式サイトから入力すると、ペオン10個がプレゼントされる。


『ロストアーク』はPC向けに配信中。システムの大幅改善を含むアップデートは、4月28日に配信予定となっている。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る