『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』Nintendo Switch版発売。『グウェント』ベースの戦闘を楽しめる 1人用カードバトルRPG

CD PROJEKT REDは1月28日、1人用カードバトルRPG『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』のNintendo Switch版を発売した。価格は2199円(税込)。本作はPC/PlayStation 4/Xbox One版が先行して発売中。Nintendo Switch版は、『グウェント ウィッチャーカードゲーム』のiOS向け移植などを手がけた実績を持つCrunching Koalasと協力しておこなったとのこと。

『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』は、『ウィッチャー』シリーズの世界を舞台に、『グウェント』のシステムを採用したカードバトルなどを楽しめるシングルプレイゲームだ。拡大を続けるニルフガード帝国の漆黒の軍団による侵略が迫り、北方諸国のライリアとリヴィアを統べる女王メーヴは、自ら剣を取りふたたび戦場に降り立つことを決意。本作では、彼女の破壊と復讐の旅路が描かれる。

本作のゲームプレイは、探索と戦闘、そしてユニットの管理に分かれている。探索では、リヴィアやエイダーン、アングレンなど各地を訪れ、怪物の群れから村を救ったり、財宝を求めて古代遺跡に入ったりしながら、共に戦う仲間を探す。そうした軍隊の管理は野営地にて可能。ユニットを訓練して武器をアップグレードさせたり、新たなアビリティをアンロックしたり。また、探索にて入手した資源について、商人と取引をすることもできる。

スポンサーリンク

戦闘システムには、先述したようにカードバトルゲーム『グウェント』のものを採用しており、本作のストーリーに合わせてカスタマイズされたバトルを楽しめる。プレイヤーは部隊を率いる指揮官として、味方の能力を活かしながら戦略立てて勝利を目指すのだ。本作の旅の中では、難しい決断を何度も迫られることになり、その選択によっては部隊の士気に影響し、ひいては世界の情勢に変化を与えることにもなるという。

『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』のNintendo Switch版は、ニンテンドーeショップにて販売中。日本語に対応させるための言語パックも無料配信されているため、こちらも忘れずにダウンロードしておこう。なお購入者には、本作のサウンドトラックやデジタルアートブックなどの特典が用意されている。GOG.COMアカウントを作成したうえで、専用サイトから申し込むことで入手可能だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog