『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』発表、2020年3月6日発売へ。赤の救助隊と青の救助隊を一つに纏めたリメイク版

株式会社ポケモンは1月9日、情報番組「Pokémon Direct 2020.1.9」にて、『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』を2020年3月6日に発売すると発表した。『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は、『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』及び『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』のリメイク版。対応プラットフォームはNintendo Switch。価格は税別5980円。「Pokémon Direct 2020.1.9」配信終了後から、セーブデータを製品版へ引き継ぎ可能な体験版が配信されている。

スポンサーリンク

『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は、2005年にゲームボーイアドバンス向けに発売された『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』と、Nintendo DS向けに発売された『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』を一つに纏めたリメイク版。両作品は、『不思議のダンジョン』シリーズを開発していたチュンソフトが手掛けた、ポケモンたちが登場するローグライクダンジョンRPG。ある日突然ポケモンになってしまった主人公が、ポケモンしかおらず自然災害に苛まれている世界を旅し、ポケモンたちを救助していく作品だ。

『不思議のダンジョン』シリーズ同様、ランダム生成されるダンジョンには敵であるポケモンたちが潜んでいる。ターン制でダンジョン内は進行。ポケモンたちの特性を見極めつつ、わざやどうぐを使ってダンジョンを攻略していくことになる。両作品ではストーリーやゲーム内容など基本的には同じものが収録されていたが、一部片方にしか出現しないポケモンも存在していた。

今回発表された『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』では、ドットで描かれていた世界が手書き風の3Dグラフィックへと進化を遂げており、立体的になったポケモンを操作してダンジョンを探索していく。また、PVではピカチュウたちがサンダーと対峙する様子や、リザードンがかくせいのたねを食べ、メガシンカするシーンなどが確認できる。そのほか、Lボタンを押すだけで効率よく移動するオートいどう、Aボタンで自動的に適当なわざを繰り出してくれるシステムなど、グラフィックだけでなく、ゲーム内容も一部変更が加えられているようだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog