『ポケットモンスター ソード・シールド』全世界での販売本数初週が600万本突破。Nintendo Switchタイトルで最多・最速に

株式会社ポケモンは11月21日、『ポケットモンスター ソード・シールド』の初週における全世界販売本数が600万本を突破したと発表した。全世界での600万本の初週販売本数は、Nintendo Switchソフトとして史上最速・最多だという。

これまでのNintendo Switch向け最速・最多タイトルは、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の500万本。オールスターアクションゲームを打ち破り、『ポケットモンスター』完全新作がトップに躍り出た。なお『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』の初週販売本数は、300万本であった。

スポンサーリンク

また、国内における初週販売本数も200万本を記録したとのこと。先日ファミ通が国内パッケージの販売チャート(ダウンロードカード含む)2019年11月11日~2019年11月17日版を公開しており、そちらでは『ポケットモンスター ソード・シールド』の国内初週販売本数が136.5万本であると伝えられていた。これらの数字から考えると、単純計算で同作のパッケージ版とデジタル版の割合は7:3程度となる。

『ポケットモンスター ソード・シールド』は、「最強のポケットモンスター」を掲げて開発されたシリーズ最新作。Nintendo Switchというハードに戦場を移し、キャラたちの頭身が上がるなどグラフィック表現が大幅にパワーアップ。ガラル地方を舞台とし、新たなジムやポケモンが導入されるほか、メガシンカやZ技に置き換わりダイマックスシステムが登場。そのほか厳選を簡略化するアイテムなども導入されており、システムもグラフィックも進化している。

同作においてはビジュアル向上だけでなく、さまざまなシステムの刷新やリニューアルが実施されている。しかしながら、そうした刷新の過程や作り込みの事情で、歴代ポケモンの中でも限られたポケモンが登場する仕様となっており、その点については発売前も後も議論されることは多い。しかしながら、セールス面ではロケットスタートを記録しており、さまざまな意見がありながらも、同作が世界中のポケモンファンに支えられていることが垣間見えるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog