台湾ホラーゲーム原作映画「返校」台湾で大ヒット中。日本での版権はすでに購入されており、国内上映に期待かかる

Image Credit : 東森電視

台湾にてホラー映画「返校」がヒットしているようだ。9月20日より台湾に封切られた同映画は、観客動員数が公開24日間で100万人を突破。累計興行収入は2億4000万台湾元(約8億5000万円)に達しているという。る中華圏の映画の祭典「第56回ゴールデン・ホース・アワード」にて最多12部門でノミネートされており、非常に評価も高い。

スポンサーリンク

原作となる『返校』は東南アジアの怪談をモチーフにした作品。タイトルの「返校」という言葉は、中国語で「学校へ帰る」という意味を持つ。1960年代の台湾が舞台となっており、ゲーム内では台湾独特の文化や景色、道教文化、また東南アジアの神話怪談が描かれる。さらにそこに台湾の歴史が大きく絡んでくる。

主人公は同じ山奥にある翠華高等学校に通う生徒。放課後に残っているうちに同校の生徒とともに学校に閉じ込められてしまう。校内を探索し脱出を試みるうちに、いつも通っているはずの高校が暗闇に包まれ全く違った不気味で恐ろしい場所に変貌していることに気付く。危険にあふれた学校のなかで、プレイヤーは探索中“何者”かに追われる生徒となり、探索を進めていくうちに学校に隠された過去と真実を知ることになる。

シナリオの高さを評価されたゲームは、今年9月に映画化。監督・脚本はジョン・スー(徐漢強)が務め、フー・モンボー(傅孟柏)が教師役を、ワン・ジン(王浄)とツォン・ジンファ(曽敬[馬華])が教師を探す生徒役を担当する。重厚な原作の魅力を反映させた映画として、高い評価を獲得している。

『還願』が販売停止になるなど、苦境に陥っていた開発元Red Candleにとっては久々に嬉しいニュースになっているだろう。映画会社によると、同作の海外版権は日本のほか、東南アジア各国ですでに買われているそうだ(フォーカス台湾)。日本での版権が買われているということは、国内向けの上映は見込めるだろう。『返校』は国内では弊社アクティブゲーミングメディアのPLAYISMより、PC(Steam/PLAYISM)/Nintendo Switch向けに販売中。国内上映に先駆けて、ゲームをプレイしてみてほしい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog