『マリオ&ルイージRPG』シリーズ手がけたアルファドリームが、破産手続き開始

株式会社アルファドリームが10月1日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けたと帝国データバンクが報じている。負債は2018年3月末時点で約4億6500万円。2018年6月の第19期決算によると、同期の純損失は3400万円だったという(官報)。

アルファドリームは、2000年1月に設立されたゲーム会社。水野哲夫氏や藤岡千尋氏など、スクウェアに在籍し、任天堂と共に『スーパーマリオRPG』に携わったスタッフを中心に立ち上げられたスタジオ。2019年9月時点の代表取締役であった前川嘉彦氏も、藤岡千尋氏と共に同作のディレクターを務めた。会社設立後、マリオを主人公としたRPG『マリオ&ルイージRPG』シリーズを開発。『とっとこハム太郎』シリーズの一部に携わっており、『トマトアドベンチャー』といった作品も生み出している。直感的ながら奥深い作品の開発に定評があった。

そうした開発力を強みに持っており、手がけた『マリオ&ルイージRPG』シリーズ作品はリメイク含めて7作品。2014年3月期には年収入高約3億円を計上していたという。ニンテンドー3DS向けには同シリーズをリリースしており、昨年には『マリオ&ルイージRPG3 DX』の開発に携わっていた。2018年5月時点での従業員数は50名以上に及ぶ、中規模の開発会社である。

近年では、任天堂プラットフォームに限らず、多岐にわたるプラットフォームを視野に入れた開発を進めており(求人より)、今年にはSIE子会社のフォワードワークスと共に、エンドレスランゲーム『けだまのゴンじろー フィットエンドラン』をリリース。低年齢向けながら、その遊びやすさが安定した評価を獲得していた。一方で最近では収入が伸び悩みを見せていたといい、開発費の負担も重く赤字決算から財務内容も債務超過が続くなど厳しい運営を強いられていたとのこと。その後も業績は回復せず、事業継続が困難となり、今回の措置となったようだ。

『けだまのゴンじろー フィットエンドラン』

前述した実績にもあるように、『マリオ&ルイージRPG』シリーズはアルファドリームと共にリリースされてきたシリーズ。シリーズとして新作をつくるのは難しくなり、つくれたとしてもテイストやデザインが大きく変わる可能性がある。同じくマリオを主人公としたRPGシリーズとしては、インテリジェントシステムズの手がける『ペーパーマリオ』シリーズが存在する。アルファドリームについてだけでなく、マリオxRPG作品の今後についても気になるところだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog