『ドラゴンズドグマオンライン』2019年12月5日をもってサービス終了。『モンスターハンター フロンティア』に続き

カプコンは7月4日、『ドラゴンズドグマオンライン』を2019年12月5日10時にサービス終了すると発表した。配信開始から多くのユーザーに支えられ、楽しんでもらえる運営を目指していたものの、継続してユーザーに満足してもらえるサービスの提供が困難であることがサービス終了の理由として明かされている。

7月11日のメンテナンス時に、『ドラゴンズドグマオンライン』のゲーム内通過「黄金石」の購入と、現在提供されている全てのプラットフォームでのゲームクライアントダウンロードが停止。iOS/Android向けに配信中の『Dragon’s Dogma Online 冒険手帳』新規ダウンロードも停止し、公認ネットカフェでのPayNetCafeアイテムも販売が終了する。ゲームクライアントのダウンロード停止後も、引き続きログインし遊ぶことはできるようだが、12月5日10時をもってゲームへのログインと、「黄金石」の利用も停止となりサービスが終了。以降はプレイ不可能となる。なお、購入済みとなっている「黄金石」や「冒険パスポート」など期間型商品について払い戻しは行われず、「黄金石」はサービス期間中の使用が促されている。

『ドラゴンズドグマオンライン』は、2012年に初代『ドラゴンズドグマ』が発売された「ドラゴンズドグマシリーズ」のオンラインタイトルとして、2015年にサービス開始したオンラインゲーム。オンラインゲームながら、オープンワールドの3DアクションRPGに近いシステムが採用されていた、独特の詠唱システムや、NPCをPTメンバーとして従えられるポーン、そしてトレジャーロット。大型モンスターにしがみついて揺さぶることによりスタミナを減らすシステムなどが特徴的なタイトルだった。

発表に合わせて、公式サイト上にはプレイヤーに向けたコメントが発表されている。ディレクターの木下研人氏は、シーズン4の計画も進めておりもっと長く運営を継続したかったそうだが、サービス終了となってしまったことについてプレイヤーへの謝罪と感謝が述べられている。また、エグゼクティブ・プロデューサーの小林裕幸氏からは、『ドラゴンズドグマオンライン』プレイヤーへの感謝と共に今後の「ドラゴンズドグマシリーズ」の展望について発表。3月に告知されたNETFLIXオリジナルアニメとしての「ドラゴンズドグマシリーズ」に加えて、ゲームとしての「ドラゴンズドグマシリーズ」が今後も展開していけるように努力していくそうだ。

カプコンの運営型オンラインゲームとしては、6月19日に『モンスターハンター フロンティアZ』のサービスが同じく12月に終了することも告知された(関連記事)。5月に発表されたカプコンの2019年3月期の業績発表によれば、デジタルコンテンツ事業の貢献により2期連続の過去最高益を達成しているが、その一方でオンラインセクションを整備しようという流れがあるのかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog