「名探偵ピカチュウ」が上映されるはずがホラー映画「ラ・ヨローナ」が流れ出す、異様な光景。海外映画館での奇妙な1コマ

今月5月3日より日本で放映開始された「名探偵ピカチュウ」。公開初日の3日から6日までの4日間の累計では、動員が67万6000人、興行収入が約9億4800万円を記録する好発進となっており(まんたんウェブ)、公開前の人気そのままに、多くの人々が劇場に足を運んでいる。日本は他国に先行して上映されており、多くの国では現地時間5月9日もしくは10日より同映画は封切られた。カナダでも多くの老若男女がふわふわのピカチュウの姿をひと目見るために、映画館へ赴いているようだが、とある映画館にて「名探偵ピカチュウ」の枠で「ラ・ヨローナ〜泣く女〜」が上映されるという事件があったようだ。現場に居合わせたRyan George氏がこの模様を報告したのち、The Gamerなどが報じている。

映画メディアScreen Rantでも執筆するGeorge氏は、「名探偵ピカチュウ」を見るために、カナダのモントリオールにある映画館Cinémas Guzzoを訪れた。しかし流れ始めたのは、「ラ・ヨローナ〜泣く女〜」。「ラ・ヨローナ」は、夫に浮気され、夫が最愛する子供を川に沈め、自ら身を投げた呪われし女性“ヨローナ”の伝承を題材としたホラー映画。子供を川に溺死させるというショッキングなオープニングが、あろうことか「名探偵ピカチュウ」の枠で流れ始めたそうだ。真逆のジャンルの映画が上映されたことで、現場は爆笑の声で包まれている。

実はこの誤った放映には、兆候があったようだ。映画館では「名探偵ピカチュウ」の上映前、他映画の予告映像の放映が始まったが、6月公開予定の「アナベル 死霊博物館」の映像が流れ始めたという。「アナベル 死霊博物館」は、人気でも人気のアナベル人形に焦点を当てた、ホラー映画だ。次に流れ出したのは、バットマンの宿敵であるジョーカーを描く2019年公開予定の「ジョーカー」の映像。さらには、7月公開予定のチャッキー人形が登場する「チャイルド・プレイ」の映像も流れたそうだ。いずれも顔つきの恐ろしいキャラクターが登場するホラー映画で、子供たちは目をそらし泣いていたそうだ

そして、本編が始まり上映されたのは「ラ・ヨローナ」。上映前から「名探偵ピカチュウ」とは合いそうにない予告映像が出ており、観客が違和感を持っていた。だからこそ、ジャンルの異なる本編が流れ始めたことにより、大人たちの笑いが生まれたのかもしれない。George氏は、妙な雰囲気に包まれた現場の様子を映像で収めている。さすがの異常事態に映画館のスタッフも気付いたようで、上映を中断。途中で一時中断されていた、「名探偵ピカチュウ」のスクリーンへと移動したようだ。

George氏は、「ラ・ヨローナ」は今週ずっと流れ続けており、「名探偵ピカチュウ」の特別枠をセットし忘れた結果、こうした事態になったのではないかと推測。本件を取り上げたredditスレッドでは、映画館に務めたこともあるユーザーらが、毎月のように起こり得ることであると指摘している。とはいえ、なかなか稀なケースでもあるだろう。現地の状況を報告した氏は、「大きな失敗であり、そうしたほころびを見るのも楽しいものだね」とポジティブなコメントしている。映画館の失態というよりは、珍しいものを見ることができてラッキーであると、捉えられているようだ。一方で現場に居合わせ、ピカチュウを見たかった子供たちにとっては、なかなかつらい経験であったかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog